不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

アセットマネジメント

アセットマネジメント

不動産業界のアセットマネジメントって何? 何をしているの?
アセットマネジメントとは、“アセット(asset) = 資産”の“マネジメント(management)= 管理・運用”のこと。投資用資産を運用することで、経済的な収益を得たり、コストの低下を目的としています。
このため、運用資産には株式・債券・投資用不動産など、多くの金融資産の管理を代行して行う業務を指します。

アセットマネジメント

アセットマネジメント
不動産や金融の資産運用で耳にする「アセットマネジメント」とはなんでしょうか? ここでは、不動産の賃貸借の運用業務を行うアセットマネジメントについてご紹介します。

不動産投資のアセットマネジメント

アセットマネジメントは、アセットマネージャーという専門家が不動産を運用します。
アセットマネージャーは、投資家や投資ファンドからの委託を受けて、不動産の投資や売却を行います。
また、プロパティーマネージャーに不動産管理を委託して支持を出すという仕事もしています。プロパティーマネージャーとは、不動産を管理・統括したり、不動産管理やテナント募集を行う仕事を指します。
アセットマネージャーの仕事は、投資家に代わって不動産の維持管理と収益の最大化を図ることが大切です。

アセットマネジメントの業務

アセットマネジメントの業務は大きく3段階に分けることができます。 1.物件買付 アセットマネージャーは、投資家の運用対象となる不動産を検討して、物件の所有者と交渉を行って、物件を買付けて調達します。同時に投資対象の調査や査定、運用 ストラクチャーを構成し、投資家の勧誘などの業務を行います。

2.運用
先の項目で組み立てた戦略を実行します。
・プロパティーマネージャーへの指揮命令、監督
・資金計画の確定
・決済や配当金分配
・投資家へのレポート報告

3.物件売却
運用が最終段階になると、アセットマネージャーが中心となって不動産売却に向けて戦略を練ったり、売却先に交渉を行ったりします。また、売却に向けた契約書や投資資料の作成や、最終決済などの事務も行います。
最終的に投資家に償還運用益の還元を行って業務は完了です。

アセットマネジメントの業務

不動産の証券化が日本でも定着してきた昨今、不動産を投資した後の所有と経営が分けて考えられるようになりました。1人の人間では管理できる資産の数は限られています。
資産の運用は複雑で、専門的な知識を必要とする書類の作成も多量にあるため、アセットマネジメントの必要性と、利用する価値は非常に高いと言えるでしょう。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!