不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

ゼロ金利政策

ゼロ金利政策

いつまで続く? ゼロ金利・マイナス金利政策
金融政策の1つで、中央銀行が政策金利の水準を下げ、実質0%に誘導することをゼロ金利政策と言います。この政策はデフレ脱却や景気に刺激を与えることを目的としています。
日本銀行が金融市場に資金を多く供給する量的緩和を行うことで、政策金利がゼロに近づくように誘導しています。

ゼロ金利政策

ゼロ金利政策
マイナス金利の状況は住宅ローンを利用するうえで、ゼロ金利政策は魅力的なメリットとなります。そして、2016年1月には、日銀に銀行が預けている当座預金の一部にマイナス金利が付与されることになりました。
このゼロ金利・マイナス金利政策はどのように影響し、いつまで続くのでしょうか?

住宅ローンを借りる人にはメリット

住宅購入をする人にはゼロ金利政策は朗報です。変動金利型住宅ローンの金利は短期金利の影響を受けます。短期金利とは銀行同士での貸し借りに使われる金利のことで、日銀の政策金利のことを言います。
今まで、日銀はこの政策金利をゼロにしていました。マイナス金利導入は、住宅ローンに直接影響することはないものの、間接的に影響すると考えられています。
変動金利型住宅ローンでは、この政策金利に一定率を上乗せして貸し出しを行っています。このため政策金利が下がった分、わずかながら住宅ローンの金利下がると考えられるのです。ただし、住宅ローン金利がマイナスになる可能性は現在(2016年)のところありません。

マイナス金利の影響

銀行はできるだけ融資をしたいため、住宅ローンや自動車ローンの金利は下がってきます。
今まで借りられなかったケースでも審査が緩和されて、借りることができるようになるかもしれません。
審査が通ってローンを組めるようになることで、車や住宅が売れるようになり、業界にとっては好影響となります。
また、日本円よりも外国の通貨のほうが金利は高くなるため、外貨両替をする投資家が増えて円安になると考えられます。円安になれば、海外からの観光客が増えるため観光業・旅行業界にも好影響が及びます。

ゼロ金利・マイナス金利はいつまで続くのか?

マイナス金利政策で、日本経済は大きく改善しているかと問われれば、改善とは言い難いでしょう。
日銀は住宅や設備投資に刺激を与えることを目的としていますが、現在は人口が少なく少子高齢化になっていることから、狙ったような結果が得られていないのが現状です。
しかし、まだゼロ金利・マイナス金利政策は始まったばかりです。
中長期的に日本にどのような影響があるのかはしばらく見守っていく必要があるでしょう。
マイナス金利を導入と同時に日銀は目標としている物価上昇率を2%とし、その達成時期を2016年中ごろから2017年中ごろに先送りしました。
このため、政策金利引き上げに転じるのは2017年後半と予想され、それまではマイナス金利が続くと予想されます。

ゼロ金利・マイナス金利はいつまで続くのか?

2017年後半に利上げをすると計画しているものの、実際にそうなるかは未だ不明です。
アメリカのリーマンショック後に行った量的緩和政策では利上げまでに7年の歳月がかかっています。このことからも、日銀がマイナス金利や超低金利の水準から脱するには2020年ごろまで続く可能性もゼロではありません。
不動産投資では、日銀の金利はもちろん国際金融市場にも注目し、投資を検討していくことが大切です。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!