不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資用語解説 知らない人はもちろん、知っている人にも「おさらい」になるような不動産投資の用語解説ページ

家賃保証会社

家賃保証会社

家賃保証会社 どんな仕組みでメリット・デメリットがある?
賃貸住宅に入居する際に借主が必要とする連帯保証人を代行する会社です。借主が家賃を滞納した際には家賃保証会社が立て替えて貸主に支払います。近年の単身世帯や身寄りのない高齢者の増加で連帯保証人を依頼しづらくなっている背景があり、代替機能としての役割を担っています。

連帯保証人がいなくても借りられる

連帯保証人がいなくても借りられる
これまでは賃貸住宅を借りるときは大半、連帯保証人が必要でした。しかし家賃保証会社で家賃保証がなされることによって連帯保証人なしでも借りられるようになりました。貸主借主双方にとって利点があるようですが、その仕組みや実際のメリット・デメリットはどういったことがあるのでしょうか。

どのような仕組み?

家賃保証会社を利用するには入居申込み時に家賃保証会社の審査が行われます。審査内容は家賃保証会社や加盟団体によって違いがありますが、家賃を払える収入があるかを基準にした審査です。場合によっては所得証明や源泉徴収票などを求められます。
信販会社系列の家賃保証会社ではクレジットカードなどの信用取引を通しての審査です。その際、新たにクレジットカードを作ることを迫られることもあります。

収入における家賃の支払い能力をどうみるかですが、
家賃÷月収×100=支払返済比率

という計算をし、支払い比率が25~35%以下だと審査に通りやすいです。

例:家賃(7万5千円)÷月収(30万)×100=支払返済比率(25%)

借主は部屋を借りる際に保証料を家賃保証会社に支払います。金額は家賃の30~70%を1ヶ月~6ヶ月分など、保証会社によってさまざまです。

家賃保証会社のメリット

貸主にとって一番の利点は家賃の滞納リスクがなくなることです。あらかじめ家賃保証会社での連帯保証人代行が可能という入居条件にしておけば、入居者希望者の借りるときのハードルも下がり、空室リスク軽減にもつながります。
借主にとっては連帯保証人を立てなくていいことがメリットです。家賃滞納で連帯保証人に請求が行き、お金のことでトラブルになることもありません。他人に迷惑をかけず自立して生活したいという人には頼りになるサービスです。

家賃保証会社のデメリット

業界内での自主ルールのもとに取り立てを行っていることから一部の業者には強引な取り立てや立ち退き要求、高額な延滞金の請求が見られ問題になっています。
また連帯保証人がいるのに家賃保証会社の利用を義務づける賃貸仲介会社もいます。家賃保証会社が一定の手数料を賃貸仲介会社に支払らっているためで借主にとっては保証料という余計なコストになるのです。
家賃の支払い能力がある人にとって保証料は無駄な出費になるため、自分の信用力を示した上で連帯保証人を探した方が良い場合もあります。

家賃保証会社のデメリット

家賃保証会社はそのニーズの高まりから、会社の数や保証料収入も伸びています。家族関係の希薄化、孤立化に対応したサービスと言えます。
これからの不動産投資のあり方も時代によって変容してくるものでしょう。家賃保証会社の利用も変化に柔軟に対応してく手段となるものです。不動産投資をする際にはこうしたサービスがあることを頭に留めておくと良いかもしれません。
不動産投資用語解説の一覧へ戻る
Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!