HOME 不動産投資 富裕層に優良情報が集まる世の中の仕組み【現役サラリーマン大家が語る!Vol.42】

富裕層に優良情報が集まる世の中の仕組み【現役サラリーマン大家が語る!Vol.42】

中林準

中林準

0

日本では金融資産が1億円以上の方々を富裕層、5億円以上の方々を超富裕層と区分しています。

資産金額ではなく資産から負債を差し引いた金額を基準に区分しているので、普通のサラリーマンの方が富裕層以上になるには、サラリーマンの収入だけでは厳しく、他の収入がないと到達できない数値です。

本日は、そのような富裕層に情報や資金が集まる背景、そしてそれを知った上でどういった活動をしていくべきなのか?について個人的な見解も織り交ぜながらお伝えしていきたいと思います。

目次

1 . 富裕層に情報が集まる背景

まず、なぜ富裕層に情報やお金が集まっていくのでしょうか?

例えば、優良物件の情報についてですが、不動産仲介業者の側に立って考えてみると分かりやすいかと思います。

自分が不動産仲介業者だとして、良い物件の情報を仕入れられたとします。
その後、その情報を誰に伝えるのか?と考えた時に、やはり最初にリストに入ってくるのは、経済的に購入できる状況の方や購入意欲が高い方になってくるかと思います。

もちろん、中には上記の要素に関係なく、昔からのお付き合いで良好な関係を築いている方に、まずは紹介するという仲介業者の方もいるかもしれませんが、仲介業者は不動産売買取引を成立させてはじめて報酬が入ってきます。だからこそ、経済的に購入が難しい方、紹介しても購入意欲がないため購入可能性が低い方には、紹介したいと思わないのが通常でしょう。

また、富裕層のみを相手にしたプライベートバンクがあるのですが、そこで市中の金利よりもかなり優遇された金利で、しかも元本保証で運用をしている方もいます。

今は低金利が続いていますが、銀行に預けていても0%台の金利しかもらえません。
そんな中で、富裕層には元本保証で年利5%ももらえるような話が実際に来ている方もいます。

しかし、この運用をするためには、預け入れを7,000万円以上する必要があります。
銀行側としては預け入れを多くしている方は優遇するという考えもあるでしょうし、今後、他の資産運用でもお付き合いしたいという意味もこめてここまでの優遇金利で運用をしているのだと思います。

このような背景から、富裕層には情報が集まりやすく、資産構築もしやすくなっています。

2 . 実力・経験・資金力の格差

ここからは、不動産投資家に関しての話になりますが、日本には資産を数十億円、中には100億円以上の資産を構築されている方もいます。

こういったギガ大家と言われる方とお会いすることもあるのですが、そういった方々は百戦錬磨ということもあり、とにかく知識や経験が豊富で、かつ、お金も持っています。

そして、そういったギガ大家の方々はその豊富な知識や経験、資金力を駆使して更に資産規模を拡大していっています。小規模な大家の方との格差は広がるばかりです。

でも、そういったギガ大家の方が、最初からそうだったかというとそうでもない方が多いなというのが私の印象です。もともとは普通のサラリーマンだったのが、努力をして、失敗もしながら、自分なりの資産構築の手法を確立させて、確立させてからはひたすらその流れにのって資産規模を拡大していったという方も多くいます。

従って、今はギガ大家といわれる規模には全然届かなくても、心配する必要はありません。
ただし、そういったギガ大家と言われる方が存在していて、日々格差が広がっているということは知っておくべきことだと思います。

3 . 富裕層に勝てるのは・・・

では、実力や情報格差がある中で、普通の大家の方はどうすれば良いのか?ということですが、富裕層に勝てることと言えば、労力なのではないかと個人的に感じています。

労力というのは、自分で不動産仲介業者を開拓したり、銀行を開拓することです。
現在ギガ大家になられている方の話を聞くと、最初はとにかく仲介業者と多く会い、自分に合う業者を見つけること、多くの金融機関を回り、自分に融資してくれる金融機関を探すことに時間をかけたという話を良く聞きます。

ギガ大家になっている時点で、今は多くの仲介業者との関係が構築されており、不動産の情報は待ってても来る状況の方が多いでしょう。

ただし、誰もが最初からそうではないということです。
日中はサラリーマンをやりながら、仕事後や時には休暇を取得して、不動産投資に時間をあててストイックに動いていた時期が必ずあります。

それと成功している方は、とにかくしっかりしたマインドセットを持っています。
いつまでにどの程度のキャッシュフローをして、何をしたいということが具体的に言える方であって、かつ、それを本気で達成しようとしています。だからこそ、その目標を達成するために具体的な手法を本気で研究し、それを実行に移すのも早いのです。

こういったマインドセットを持っていると、労力をかけることに対して苦にならないですし、成功へ向けた過程の中で失敗したとしても、常に前を向いて走り続けることが出来る状態になってきます。

どんなに成功している方であっても、そういった時期もあるだと思って接するとまた見方も変わってくると思いますので、ご参考までにしていただければと思います。

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice