HOME 不動産投資 家主不在型民泊の届出受理の難易度【現役サラリーマン大家が語る!】

家主不在型民泊の届出受理の難易度【現役サラリーマン大家が語る!】

中林準

中林準

0

民泊新法が施行されましたが、個人として民泊新法上の届出を提出できた人が非常に少ないという話を良く聞きます。

オーナーの方から許可を取得していれば、民泊新法になっても継続して運用できると考えていた私ですが、区役所及び消防署に事前相談しに行った結果、届出を提出すること自体が非常に難しいことが判明しました。

今回は、その民泊新法の届出を提出する難易度についてお伝えしたいと思います。

目次

1 . 家主不在型と家主居住型の違い

まず、民泊には大きく2つのパターンがあります。
1つは家主居住型、もう1つが家主不在型です。

家主居住型というのは、ホストがその部屋に住みながら、その家の一部の部屋を観光客等のゲストに貸し出すことによって運営する民泊です。イメージ、ホームステイの短期バージョンみたいなものですかね。

家主不在型というのは、ホストはその部屋に住まずに、その部屋を丸ごとゲストに貸し出すという運営パターンです。当然ですが、このタイプの方が家主居住型と比べて、リスクが高くなるので、求められることも多くなります。

そして、民泊運営をしているホストのほとんどが家主不在型で運営している方であり、私も家主不在型での運営を考えていました。私の場合は、転貸での民泊運営になるので、しっかりオーナーの方から許可を取得しており、新法になっても、届出をすることはそこまで難易度の高いことではないだろうと考えていました。

しかし、区役所及び消防署の事前相談に行って、それは甘い考えだったということに気付かされました。

2 . 消防設備の設置費用と180日ルール

私は民泊新法での民泊運営で特筆すべき最大のネックは1年で180日間しか営業をしてはいけないという180日ルールの部分だと考えていました。

今年は6月15日から180日カウントが始まるので、最後の方はほとんど運営できないにしても、なんとか持ちこたえられるかもしれませんが、来年は4月1日から180日のカウントが始まるので、来年度いっぱい運営することは厳しく、長くても12月頃までだと考えていました。

しかし、民泊新法の届出をするにあたって、ネックとなるのは180日ルールだけではありませんでした。消防法の区分が上がるというのがかなり大きな問題になることが事前相談で判明しました。

仮に、家主不在型で届出を行った場合、その建物自体の消防法上の区分がホテルや旅館と同じになってしまうということを知りました。具体的には、自動火災報知設備と誘導灯を設置し、消防点検も年2回から毎月に増やさなければならないということでした。

私が届出を考えていた物件は自動火災報知設備及び誘導灯のどちらもありません。
従って、届出をするためには、初期投資としてその設備導入コストが発生します。
しかも、民泊新法とはいっても、半永久的に継続可能ではないので、来年いっぱいぐらいまでの運営でその投資資金が回収できるかどうか見積もったところ、厳しいという結論に至りました。

具体的には、自動火災報知設備と誘導灯を導入した場合、100万円は発生するという見積もりをもらいました。ただ、これは少なくともという形なので、おそらくもっと多くの費用が発生します。

その投資を来年いっぱいという短期間で回収できるかどうかが不透明だったので、届出を提出するところまで持っていけないと判断しました。私に限らず、この消防法のところでつまずき、届出を出せないホストが多くいるのが実態です。

3 . 今後の民泊動向

上記のような実態も踏まえ、まず確実に言えることは6月15日以降民泊として運営出来る部屋は激減する可能性が非常に高いと考えています。

そして、仮に民泊新法としての届出が受理されたとしても、来年いっぱいぐらいで運営が厳しくなってくると思うので、2020年以降は民泊新法で民泊を運営出来る方は、上記家主居住型パターンがほとんどになってくると予想します。

そうなってくると、やはり、簡易宿泊所として180日ルールの規制がなく、稼働する限り半永久的に運営していくというホストの方が稼いでいくのではないかと予想しています。現在、土地から仕入れて、最初から簡易宿泊所の許可条件付きで物件の売買を行っている業者が出始めていると聞きます。そういった投資手法も現実的に1つの投資手法として考えて行くのはありかもしれません。

ただし、民泊や旅館業は、通常の不動産投資と異なり、稼働率が上がるエリアと上がらないエリアの差が大きく、また顧客の大多数が海外からの観光客であることを考えると、運営できるエリアが限られます。

そういった業者は上記のような民泊のホストが減っていく、でも、観光客は増えていくという誘い文句で、簡易宿泊所投資を勧めてくることもあるかもしれませんが、どこでもできる訳ではないことを頭に入れて、エリア選定に関しては慎重に進めた方が宜しいかと思います。

不動産投資

2018/09/11

この記事の不動産用語

この記事のライター 中林準

サラリーマンとして、経理業務をやる傍ら、25歳で不動産投資を始める。徹底した数値管理を武器に、4部屋の区分所有マンションを都内に所有し、2018年春には、1億9000万円相当の1棟マンションも購入!年間家賃収入は1963万円を超え、民泊事業も展開している。本サイトでは、【現役サラリーマン大家が語る!】シリーズを執筆し、サラリーマン大家のリアルな体験談が話題を集めている。

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice