HOME 不動産投資 OL大家さんの苦労話!なぜ売却したのか?【OL大家さん奮闘記Vol.3】

OL大家さんの苦労話!なぜ売却したのか?【OL大家さん奮闘記Vol.3】

エータルーチカ

エータルーチカ

0

今回は、私が13年間OL大家さんを続けて、最終的に売却した話を書こうと思います。なぜ売却したのか、それはひとえに、そのマンションがある土地を離れた、というのが挙げられます。そして、プライベートがあまりに忙しくなりすぎました。私はOL大家さんをしていた当時、20代の結婚適齢期で、何かと多忙だったのです。

では、今回は苦労話の一環として、いかにして不動産業者を見つけて、売却したかについて書いていこうと思います。


目次

1 . インターネットで相場をチェックし、ローン残額とつきあわせる

マンションを売却する時、大きな懸念事項があります。それが、売却の査定額がローン残高を上回っていないと、大変なことになってしまうということです。もしも、ローンが残っていない物件だったら、とくに問題はありません。

しかし、たとえばローンが2000万円残っていて、売値が1500万円だった場合、残りの500万円をどうするか、という問題が発生します。つまり、その500万円は、自分がなんとかして工面しなくてはならないのです。

工面しないことには、銀行も売却を許してくれません。そこで、破産してしまう人も多いのです。不動産投資は、上手に物件選びをすれば大丈夫なのですが、極端に地価が下がるという突発的なリスクも織り込まなくてはなりません。

そこで、まずはインターネットでその土地の相場を探します。私のマンションは、売却希望額が2,600万円という空き部屋がでていました。ローン残高が1,800万円であることは把握していたので、これはラッキーと感じました。しかもその2,600万円の部屋は、私の所有マンションよりも下の階層なのです。

ただ、インターネットでは、売りたい希望額の相場はわかっても、実際の売却額まではわかりません。家族に相談したところ、その2,600万円の部屋は、1年以上前から売りに出ているとのことでした。

私はマンションを新古マンションとして安く手に入れました。他のフロアの人たちも同様です。よって、利益を出そうと、欲に負けてしまった人がいるのかな、と思いました。

2,600万円は、神戸市三宮駅の駅チカマンションとしては安いですが、このあたりは再開発でマンションが沢山建っているため、なかなか成約に結びつかないのかもしれません。

2 . 業者は、結局売ってくれた不動産会社に

結局、私がマンションを買った販売業者に査定をお願いすることとしました。結局、地元の不動産業者にしたほうが、何かと便利だと考えましたし、マンションを買って13年、その不動産業者とは付き合いがありませんでしたが、まだ運営していたので、歴史もあると考えて、そこに連絡を入れました。

家を掃除してピカピカにしてから、査定をしてもらいます。久しぶりに入るマンションで、売るのはもったいないかなと躊躇しましたが、それでも、売る決断に代わりはありません。

査定をお願いすると、売却額は、諸々込みで1,800万円というところでした。

下のフロアのマンションが2,600万円ででているのに、ちょっと安すぎると思いましたが、欲を出してはいけないという家族会議になり、結局その価格で売却することとなりました。

3 . 利益は出た?

これをお読みのあなたも、価格が気になるところだろうと思います。利益が出るか出ないか、非常に大切なことですよね。結論からいうと、売却額はトントンで、ちょっとだけ持ち出しがあった、という程度でした。

ローン残額と手数料をあわせて1,800万円。売却額も1,800万円。利益はまったく出ませんが、月額の支払+管理費の合計13万円の収入は毎月あったので、損はしませんでした。損をするのだけが怖いと思ってしまいます。

何せ不動産は大金ですから、下手をすると破産につながるまではいかなくとも、自分で残債のお金を払い続けることになります。私はそれだけは避けたかったので、1,800万円にはそれ以上、色をつけずに、その額でお願いすることとしました。利益は、売却に関してはでませんでした。しかし、それでいいと感じています。

4 . 買い手はどんな人?

では、買い手はどのような人だったでしょうか。それは、新婚さんでした。これから、家庭を作っていく上で、手頃なマンションかつ、安価で最上階というところに惹かれて、内覧し、すぐに決めてくれました。たしかに、割安だったかもしれません。

売出しにかけて1ヶ月で決まりました。ローンの額ギリギリに設定したのが良かったのだと思います。これが、金額を高めにしてじっくり待つというスタイルだったら、空き部屋になりますので負担だけが増加するところでした。早期に売れたので、とてもホッとしました。心に引っかかっていた資産であり負債だったので、ちょっとさみしい気もしますが。

そして、相手のローンが降りたら、一括でお金が振り込まれるのでそれを銀行に完済して、諸経費を不動産屋さんに支払って、売却は完了です。これによって、13年付き合った私のOL大家さんは、幕を閉じることになりました。

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice