HOME 不動産投資 【インベスターズヒストリー】~投資のチカラ~桜木大洋氏インタビューVol.1

【インベスターズヒストリー】~投資のチカラ~桜木大洋氏インタビューVol.1

toshi.life編集者

toshi.life編集者

0

『不動産投資で家族の夢を叶える』をモットーに某大手メーカーサラリーマンから総資産12億円、年間家賃収入1.15億円を築くという華麗な転身を遂げた桜木大洋氏。サラリーマン時代も世の中にインパクトを与える製品をプロデュースし、退職後は多方面のメディアでも不動産投資に関する連載を持つ。安定してキャッシュフローを得られるようになった現在はセミナー活動やブログ・メルマガを通じて、不動産投資で成功したいという方々を応援中!数字上は華麗でもやはりそこに到達するまでは多くのドラマがあった模様。それでは詳細を以下インタビュー形式でお届けする。

――桜木さんは超有名日本企業でご勤務をされ、さらに輝かしい実績も作ってこられました。傍から見ていると羨ましいご経歴で副業を行う必要などないように思ってしまうのですが、なぜ、不動産投資を始められたのでしょうか。

桜木 30代までは、好きなことを実現できている会社を辞めるということは全く想像もしていませんでした。しかし、サラリーマンは会社という大海の中で大きなうねりがやってくるとどうしても飲み込まれてしまいます。それは自分自身にも降りかかってきましたし、同期の仲間が飲み込まれて行く姿も目の当たりにしました。また、そのうねりを経験した先輩方の話を聞いていると、一定の年齢を過ぎれば確実に収入が減るし、定年後の年金暮らしも寂しいものになるということが切実に感じられました。そして自分の番が回ってくる頃にはもっとひどい状態になるだろうと確信し、今のうちに何か副収入を得なければ、と考えたことがきっかけです。

 

――そこから給与以外の収入を得られる副業を探し始められたのですね。

桜木 当時は通勤時間が片道2時間あったので、その時間を有効活用しようと、副業と呼ばれるものの商材を取り寄せたり塾やセミナーに参加して、片っ端から手がけていきました。でもいっぺんにいろんなことをやろうとしたので、結果として何一つまともにできませんでした。そうしている時にふと、ずっと昔に『アパート経営をやっている人が羨ましい』と言っていた母親の言葉がなんとなく耳に残って、当時はどんなものかまったく想像できませんでしたが、他の副業探しと同じように『アパート経営』のキーワードでも検索してみたんですね。

 

――そこが不動産投資の始まりという事ですね。

桜木 不動産投資というより、単に物件購入の入口です。キーワード検索によっていきなり某有名アパート販売業者さんの広告が一番上に表示され、それをクリックすると『資金ゼロでもアパート経営はできる』というキャッチコピーが目に入りました。しかも自宅からそれほど遠くないところで現地説明会をやっていました。私は現場主義なので、現地に赴いて自分の目で確かめて、アパート経営とは何かを一から学んでいこうと思いました。するとその販売業者の担当者も事情を汲んでくれて、あまり売り込む姿勢は見せずに、通り一遍の説明が終わるとすぐに帰してくれました。

 

――その現地突撃の手ごたえは桜木さんとしてはいかがでしたか。

桜木 正直、あまりピンと来ませんでした。業者さんの説明には専門用語がたくさん出てきてチンプンカンプンだったし、そもそも自己資金がない人間がアパート経営なんてできるはずないと思っていました。ましてや自分がアパート一棟を購入してオーナーになるなんて、その時は全く現実味がありませんでした。一方で私は『運』とか『タイミング』というものをわりと信じるタイプで、人の『ご縁』を大切にします。その『ご縁』がこの後の大きな決断に影響を及ぼすのですが・・・

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice