HOME 不動産投資 不動産投資で利益を上げるためには必須!金融機関との交渉方法を知ろう!

不動産投資で利益を上げるためには必須!金融機関との交渉方法を知ろう!

米田 幸平

米田 幸平

0

不動産投資をするということは利益を上げること


0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_m

投資をするということは何かといえば、その投資に見合った利益を上げるということになるでしょう。

そのための方法の一つとして考えていくのが、不動産投資になります。

利益を上げることが目的なのですから、支出を減らして収入を増やせばいいのです。

だから、支出という部分で金利を下げたりすることが重要なポイントになったりするでしょう。

 

収入という部分では、入居率を上げていかなければいけません。

不動産投資にとって、他にも収入につながるものはありますが、中心になるのは入居者からいただく家賃だからです。

この支出と収入のバランスを工夫し、支出を下げ収入を上げるということが重要なポイントとなるといえるでしょう。

 

金利を抑えることの重要性


457275d2022bce371ff736a8daf3df96_m

実質利回りを考えた場合、金利をどれだけ抑えていくのかということが重要になってくるでしょう。

そのために、交渉をしていかなければいけません。

のちに他行で借り換えを考えていくことも重要な選択となるでしょう。

こうしたテクニックを使っていくためには、ただやみくもに交渉しても意味はありません。

必ず下準備をしていってこそ、効果を上げることができるようになるのです。

 

効果を上げていくためには、まず自分の棚卸が重要となります。

自分の属性や状況を判断したうえで、金融機関がどのような評価をするのかを判断しておくことが大切です。

それも客観的な評価を下すことによって、近い未来を予測することができるようになるでしょう。

 

人間ですので、何も強みばかりではないはずです。

弱みもあるはずですが、この弱みを出したうえで交渉するのか、それとも突かれないようにするのかも考えていかなければいけません。

こうした判断があまりと、いざ交渉の席で何もできなくなってしまうことも出てくるからです。

 

他行との比較は正確に


cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_m

他行との比較も重要でしょう。

自分が交渉する予定の金融機関に対して、他行の融資状況をぶつけることができれば、効果を上げることができることもあります。

ただし、不正確な情報では危険です。

銀行や金融機関は、他行の情報もしっかり収集していますので、できるだけ正確な情報をぶつけると効果を上げることができるでしょう。

それだけの情報を持って臨んでいるんだということも、相手に知らしめることができるからです。

こうした駆け引きをしなければ、金融機関と交渉することは難しいといえます。

 

金融機関は、基本として投資に対してお金は貸しません。

これが基本線ですので、どうやって引き出すのかを考えなければいけないのです。

不動産投資ではありますが、名目上は不動産賃貸業であるということを出していくことも必要でしょう。

売買で利益を上げることを前面に出せば、必ず警戒していきますので、不動産を貸して収入を上げるのだということを忘れないようにすることも必要なのです。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice