HOME 不動産投資 入居希望者が求めるものを理解して空室対策をしよう

入居希望者が求めるものを理解して空室対策をしよう

若林 愛美

若林 愛美

0

cc6d44243e2d005a7c495700458bbee9_m

今までは賃貸住宅と言えばよく似た間取りでした。

白いクロスを貼ったお部屋が定番でした。

しかし多くの賃貸住宅があふれている中では他との差別化を図らなければ、目立つことはできません。空き室にならないためにも、空室対策をしなければならないのです。

 

入居者の求めるものとは



あなたは自分が保有している不動産の強みを把握していますか?

物件の強みを知っていないと、入居希望者に対してアピールをすることができません。

不動産で絶対に大きな強みとなるのは立地です。

立地が悪い物件はなかなか難しいでしょう。

また築年数も大切なポイントです。

物件のある物件にはどのような間取りが求められているのか、どの年齢層が多く住んでいるのか、どの程度の家賃物件が求められているのかなど、リサーチを徹底的に行います。そうすることで求められている物件を把握することが出来るのです。

 

近隣の物件よりも優れた点、希望に沿った点を掲げることで賃貸経営を成功させることにつながるのです。

 

女性目線も視野に


03123ac908f616e5fb5d6018f7226133_m

ファミリーを対象にした物件であれば、女性が家にいることが多いでしょう。

水回りを使用するのも、部屋を使用するのも時間が長いのは女性です。

一般家庭では主婦の立場である女性が財布を握っていることも多いです。

部屋を選ぶ権利も女性側が強い場合が多いので、女性目線の部屋づくりをしましょう。

 

女性のアパートオーナーであれば女性目線で何を取り入れると受けが良いかはわかるでしょう。

男性のオーナーの場合は近くにいる女性の意見を参考にすればいいのではないでしょうか。たとえば自分の奥さんの意見を参考にするなど、水回りや収納など女性の意見を取り入れる部屋づくりをすることも空室対策に最適です。

 

印象に残るように


c5cdabeb2decf660172ef422f9e80afc_m

お部屋を探す場合、1日で多くの物件を見て回るでしょう。

1番初めに良いなと思っていた物件が合ったとしても印象に残らなければ忘れてしまいます。

その他大勢の物件の中から選ばれるためには差をつけましょう。

アクセントも大切です。キッチンにインパクトのある色を使うなどすれば、記憶に残りやすくなります。

物件選びの最終段階になった時に、頭の片隅に残っていれば選ばれ易くなるでしょう。

ただし、インパクトだけを追い求めて住み心地の悪そうな部屋を作ることはやめましょう。インパクトがあっても選ばれることはありません。

営業マンを味方につけることも忘れずに。

たくさんの入居物件がある中で自分の物件を紹介してもらうには、やはり営業マンを味方につけておくことが大切です。

営業マンも故意にしている大家さんや気にいっている大家さんの物件は紹介したいと思っています。

営業マンも人間ですから仲良くなった大家さんの部屋には早くお客さんをつけたいと思うものです。

営業マンに嫌われている大家さんの物件は紹介したいと思わないものです。

営業マンに嫌われるのはすぐに出しゃばる人。営業マンのすることにすぐに口をはさむような人は嫌われます。注意しましょう。

 

入居を決めるためには出来る営業マンとのお付き合いが大切です。

出来る営業マンを見分けることはそんなに難しいことではありません。

こちらがお願いしたことに対して真摯な態度で即座に動いてくれるような人は信頼できますし、仕事もできる営業マンです。

逆に仕事が出来ない営業マンは仕事がうまくいかないことを他人のせいにし、すぐに言いわけを並べます。

営業マンに自分の物件がどんなに良いかを知ってもらうために営業マンに対してプロモーションを行うことも良い方法です。

良いチャンスを逃して何カ月も空室になれば収益もありません。

出来る営業マンと付き合って空室対策を行いましょう。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice