HOME 資産運用 多様化するクラウドファンディングの形

多様化するクラウドファンディングの形

長嶋 シゲル

長嶋 シゲル

0

ネットを媒介として多くの人から投資を募るクラウドファンディング。映画などのコンテンツや製品開発、また個人への支援など様々な投資対象があり、その利用や投資への敷居も下がってきています。そんな中で最近では不動産を対象としたクラウドファンディングも増えています。

不動産投資というとまとまったお金が必要になりますが、クラウドファンディングを利用すれば少ないお金からでの不動産投資も可能になります。そこで不動産を対象としたクラウドファンディングにはどんなものがあるのかを見てみましょう。

目次

1 . 地域創生プロジェクトのクラウドファンディング

クラウドファンディングの形として自治体と公益法人などがタッグを組んで、地域創生のために資金を募るというものが多く見られます。

例えば地域の史跡を再生させ新たな観光スポットにする、古い建物をリフォームして宿泊施設や飲食店に再生し、そこを基点に観光の活性化を図るなど、過疎化が進む日本の地方を元気にする、いわゆる地域創生関係の案件が多数見られます。
そういったものの中で特に政府主導であるものを「ガバメントクラウドファンディング」と呼び、地域活性化のための資金を政府や自治体が主導して募集しています。

投資家にとってどのようなメリットがあるかというと、ふるさと納税という形で投資を行うケースが多く、投資を行った分だけ節税の対象になる。また返礼品をもらうことができるといったものがあります。

ふるさと納税での返礼品に換金性の高い品を設定し、納税を募った自治体があるなどの問題と規制も起こっていますが、節税を考えると気にはガバメントクラウドファンディングを利用すれば、投資で発生する税金を節税し、地域の名産品などを楽しむこともできるでしょう。投資としての見返りはそれほど大きくありませんが、確実性と節税に役立ってくれます。

2 . 出資金をもとにアパート経営を行うクラウドファンディング

アパート経営に一口100万円と、不動産投資としては少額から参加できるのが「みんなで大家さん」です。
これはクラウドファンディングに非常に近い形の不動産投資であり、出資者から募った資金を元にアパートを経営しその中で発生した収益を年利5~7.5%として投資者に分配していくものとなっています。

投資対象が不動産投資のプロが選んだ収益性確実性に高い物件であり、さらに損益が発生してもまず運営会社がその損失を負うというシステムを導入しているので、投資のリスクが非常に低く、元本保証に近いものとなっています。今では100万円は少額投資とは言える金額ではなくなってしまいましたが、募集を始めた当時は、クラウドファンディングも一般的なものではなかったため、画期的な投資システムとして注目を集めました。

本当に高金利で元本の損失もないのか、とリスクを疑う声も大きかったのですが、2017年時点も特に損失が発生したという投資家の声もなく、確実に収益を生み出しています。アパート経営自体も自分で携わる必要が無いので、非常に手間が少なく自分でアパート運営をするのが難しいという、副業大家さん向けのクラウドファンディングと言えるでしょう。

3 . 利用者が増えているソーシャルレンディグ

またクラウドファンディングと同じように、ネット上で資金が必要な事業者と、少額投資をしたい投資家を結びつけているのが、最近注目を集めているソーシャルレンディングです。ソーシャルレンディングは海外では一般的な投資として知られており、アメリカではすでに市場が数兆円規模となっています。

事業などのために資金が必要な法人をソーシャルレンディングの運営会社が見つけてきネット上に公開し、数万円などの小学から投資家が投資できるシステムを構築しています。利回りは5~10%など高めになっており、投資信託以上の利回りを持つ投資として日本でも利用者が増えています。

厳密に言うと不動産を対象とした投資案件ばかりではないですが、担保を不動産とした、安全性の高い投資案件が中心となっています。資金を要する法人の事業としては、太陽光はバイオマスなどエコロジーな発電事業、海外の不動産開発事業、国内のビル運営など内容は多彩です。リスクが有るものほど利回りが高く、国内一等地での不動産経営など安全性が比較的高いものは利回りが低めです。

すでに数十社のソーシャルレンディング運営会社が日本にはありますがそれぞれ得意とする案件や担保の種類、利回りやリスクなども変わってくるので、それぞれの特徴を見て比較をすると良いでしょう。

4 . まとめ

クラウドファンディングの出現は、まとまった資金を用意できない若年層にも投資のチャンスを拡大してくれました。

リスクも株や為替の投資よりも比較的低いものが多いですし、収益を再度投資に回していく福利投資を行えば、毎月数万円の投資でも数十年後には何千万円の資産を形成することも夢ではありません。コツコツ積み立てる感じで、銀行貯金ではなくクラウドファンディング投資をしてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice