HOME 資産運用 初心者が運用投資を始めるには?資産運用の種類とコツの紹介

初心者が運用投資を始めるには?資産運用の種類とコツの紹介

ゴンロク

ゴンロク

0

みなさんは、投資と資産運用の明確な違いをご存じでしょうか?
投資と資産運用は連続した行為ですから、同一のものとして扱われることがあります。
しかし、投資と資産運用の間には明確な違いがあるのです。この違いを理解することで、投資と資産運用それぞれにメリハリをつけ、効率的に収益を上げていくことができます。今回は、混同しがちな「投資」と「資産運用」の違いや、資産運用の種類ごとの特性、メリット・デメリットなどを紹介します。

目次

1 . 投資と資産運用の違い

冒頭でも述べたように、投資と資産運用の間には、はっきりとした違いがあります。 そこでまず、それぞれの言葉の意味を正確に理解しておきましょう。

1-1 . 投資とは?投資=ギャンブルではない

投資とは、読んで字のごとく、特定の対象に資産を投じる行為です。 ここでいう特定の対象とは、主に「株式」「国債などの債権」「不動産」「為替」などを指します。 こういった金融商品に資産を投じることを投資と呼んでいるのです。
また、投資はいわゆる「ギャンブル」と混同されがちですが、結果はギャンブルに似ていることがあっても、プロセスは全く異なります。 投資の本質は「自分の将来に利益(リターン)を与える行動」というベースがあるからです。 したがって、計画的にリスクを取ることはあっても「一か八か」といった「ギャンブル思考」とは切り離して考える必要があります。

また、投資は利益が上がるまでに一定以上の期間を折り込んで考えるものです。 投資は投資した対象の「成長」を促し、その成長から自分も利益を受けます。 つまり長期的に「Win-Win」な関係の構築が目的であり、短期的な利益を期待する行為ではないのです。

1-2 . 混同されがちな「投機」との違い

投資と混同されがちな言葉に「投機」があります。 どちらも将来的な自分の利益のための行為ではありますが、この2つにも大きな違いがあります。
投機は、資産を投じる対象の成長よりも「短期的な値動き」に注目した行為です。 したがって、何らかの理由で短期的に値上がり(値下がり)した時を狙い、売買によって利ザヤを稼ぐのが「投機」といえます。
もちろん、投資も値動きに注目して売買により利益をあげることがあります。 しかしそれは、資産を投じた対象が長い時間をかけて成長して恩恵を受けただけであり、刹那的な値動きを狙ったものではありません。 「投機」の例としては、株式や為替取引(FX)によるデイトレードなどがあります。

1-3 . 資産運用とは?

一方、資産運用は「自分の資産を増やす(減らさない)ための対策全般」を指しています。
「株式」「国債などの債権」「不動産」「為替」といった金融商品を購入する行為に加えて、貯蓄も資産運用のひとつです。 自分の資産全体を、ある目標に向けて安全に伸ばす行為が資産運用といえます。

1-4 . 投資と資産運用の明確な違い

資産運用は広い意味で「投資」を含んでいます。 つまり投資は資産運用の手法のひとつです。
投資は資産を投じる対象を選定し、実際に資産を投入することです。 これは、「ゼロから利益をあげるための基盤を作る行為」ともいえます。 一方、資産運用は「今持っている資産を安全かつ長期的に増やす」行為です。

◎投資
・株式や国債、投資信託、不動産などを新規に購入するなどゼロから資産を構築する
・特定の企業や商品、サービスなどに対して資金援助を行う
・社会に対する貢献性がある

◎資産運用
・購入済みの株式や国債、投資信託から得た配当・売却益を再投資に回すなど、既存資産の増大を目指す
・あくまでも自分の資産を増やすことが目的であり、社会への貢献性はやや低い

似ているようで、両者の間には明確な違いがあること理解していただけたでしょうか。

2 . 資産運用の種類

では、資産運用にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは、主に安全性の高さ(リスクの低さ)に注目して、資産運用の手法を紹介します。

2-1 . 投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金をまとめて特定の資産に投資し、投資のプロが運用することで利益を上げる金融商品です。 積み立て型の投資信託であれば、毎月1000円から1万円程度で投資信託を購入できます。
資金を投じる対象は投資信託によって様々ですが、国内外の「株式」「債権」「不動産」がメインです。 投資信託は、「どの程度の運用成果を目標とするか」という運用方針によって「インデックスファンド」と「アクティブファンド」に分類されます。

インデックスファンド(パッシブファンド)

インデックスファンドは、投資の対象となる市場の平均値を目指す投資信託です。 日本国内の株式であれば「日経平均株価」や「TOPIX」といった株価指数が平均値といえるでしょう。
これら市場の平均値(ベンチマーク)を参考に、同じような値動きを目指すのがインデックスファンドです。 手数料が安く、安定した利益をあげ投資信託が多いことから、初心者にもおすすめできる資産運用といえます。

アクティブファンド

アクティブファンドは、簡単に言えば「市場平均以上の運用成績」を目指す投資信託です。 平均値以上の利益を目指すため、インデックスファンドよりも資産の売買頻度が高く、運用には手間がかかります。
そのため手数料は高めで、リスクも伴います。しかし、当然ながら運用がうまくいけばインデックスファンド以上の利益をあげられる可能性があります。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは、「分散投資が簡単なこと」です。 資産運用のために資産を構築するとき、単一の資産クラス(アセットクラス)に資金を投入してしまうと、リスクが高くなります。 しかし、いくつかの資産クラスに分散投資すれば、値下がりによる資産の減少リスクを減らせるのです。
例えば100万円を全て株式投資に回すよりも、「株式投資30万円、海外債券30万円、国内不動産投資信託(REIT)40万円」といった構成のほうがリスクは低くなります。 国内の株式が値下がりしても、海外債券が値上がりしたり、不動産市場が好調だったりといった理由で、資産全体が目減りしにくいからです。
このような分散投資が初心者でも簡単に出来るのが投資信託です。 投資信託は複数の資産クラスによって構成されるものが多く、投資信託を購入するだけで間接的に分散投資が実現されることになります。

投資信託のデメリット・リスク

投資信託のデメリットとしては、「信託報酬」が必要という点があります。 投資信託は実際の資産運用をプロに任せるため、その報酬が必要になります。
また、投資信託のリスクとして、リーマンショックなど世界的な金融市場の下落をダイレクトに受けてしまう、という点があります。 リーマンショックレベルの金融危機であれば、あらゆる資産クラスが下落の危機にさらされてしまいます。
さらに、投資信託は銀行や証券会社の商品であるという認識も必要です。 銀行や証券会社の社員は、自社の商品を売るためにセールストークを展開します。 セールストークが悪いというわけではありませんが、その場で即決せず、投資信託の内容を吟味してから購入するのがおすすめです。

2-2 . 国内銀行での定期預金

国内銀行での定期預金は、資産運用の中で最もリスクが低いといえるでしょう。 銀行に一定額のお金を預け、利子で資産を増やす方法です。

定期預金のメリット

定期預金のメリットは原則として「元本(投資した資金)が保証されていること」です。 投資を含めた資産運用の中で、元本が保証されているものは殆どありません。 そのため、最も安全性が高い資産運用といえるでしょう。
また、総額1000万円まで保護される「ペイオフ制度」の対象でもあります。 万が一、何らかの理由で銀行が破たんしたとしても、1000万円+利子分は必ず払い戻されます。

定期預金のデメリット・リスク

定期預金のデメリットは、何といっても「金利の低さ」です。 5年もの定期預金でも0.3%程度という低さで、ほとんど利益が期待できません。 例えば100万円の資金を利息0.3%で運用したとしても、年間の利息(利益)は3000円です。 しかも、これは5年間預けたままにするという制約がありますから、その間資産を動かすことができず、流動性が低下してしまいます。
また、年間数千円の利益であれば、ATMを使う回数によっては赤字になります。 資産運用の初心者が最も参入しやすい手法である一方、実際の資産運用効果はゼロに近くなる可能性があるのです。

2-3 . 外貨預金

資産を「円」ではなく海外の通貨として保持する方法もあります。 それが外貨預金です。日本よりも利子率の高い国の通貨を保持することで、資産を増やす手法です。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリットは、「金利の高さ」です。 例えばオーストラリアドルは、定期預金の金利が3%から5%といった商品があります。 日本国内の定期預金よりも圧倒的に金利が高く、資産運用の効果が高いのです。 また、「為替差損」による利益もメリットのひとつでしょう。
100万円をオーストラリアドルで預金したとき、日本円が1オーストラリアドルあたり100円だったと仮定しましょう。 しかし円安が進み、1オーストラリアドルあたり120円になったとします。 この時、オーストラリアドルを円に戻すと120万円まで資産が増えますよね。
ちなみに為替差損は、円高によって損を生み出すこともある諸刃の剣です。

外貨預金のデメリット・リスク

外貨預金は国内の定期預金とは異なり、「元本割れ」の可能性があります。 メリットで挙げた為替差損が、円高によって逆にマイナスを生み出すわけですね。 また、外貨による定期預金は預金保護の対象外で、預け入れや引き出しの手数料も高めです。

2-4 . 個人向け国債

国が発行する債権を購入し、債権ごとに設定された利子によって利益をあげる資産運用方法です。 個人だけが購入でき、初心者から中級者以上まで、幅広い層に人気です。

個人向け国債のメリット

日本の個人向け国債は元本割れを起こすリスクが極めて低いといえます。 厳密には100%元本が保証されているわけではありません。 国が財政的に破たんしてしまい、デフォルト(債務不履行)に陥れば、債権は元本割れを起こします。
しかし日本はこれだけ財政赤字が叫ばれていても、国債のほとんどが日本国民によって支えられており、安定性が高い状態をキープしているのです。 また、利回りも安定しており、定期預金に次いでリスクが低い投資といえるでしょう。

個人向け国債のデメリット・リスク

日本国内の定期預金と性質が似ており、基本的には購入した国債に定められた期間中(3年、5年、10年)は現金化しない前提があります。 中途解約は可能ですが、最短でも1年間は売却(現金化)できません。 また、個人向け国債には半年ごとに金利が見直される10年満期の「変動10」、固定金利が適用される「固定5」「固定3」があります。
変動10であれば利息の低下リスクがあることになります。 さらにどの個人向け国債も利子率は0.05%程度で、リターンが非常に低いです。

2-5 . 株式投資

株式投資は、市場に上場している株式を売買し、配当や売買益によって利益を得る資産運用方法です。 ETF(上場投資信託)などを使えば少額からでも始めることができます。

株式投資のメリット

株式投資のメリットとして、「配当による収入(インカムゲイン)」「売却益(キャピタルゲイン)」があります。 株式を購入して長期保有していると、配当によって収入が発生し、値上がりしたところで売却すれば差額が利益になるわけですね。 また、売買のタイミングによって高収益をあげることも可能です。
さらに、銘柄選定の手間はETF(上場投資信託)を利用することで株式選定の手間を減らすことができます。 ETFは1000円程度の少額から積み立て購入が可能で、初心者でも参入しやすい資産運用です。

株式投資のデメリット・リスク

通常、株式投資は自分で購入する銘柄を選定します。 この選定が株式投資の肝といっても良いくらいで、初心者にはやや敷居が高いといえるでしょう。 株式を発行している企業の業績、成長性の高さ、市場でのシェアなどを総合的に判断する必要があるからです。
仮に、購入した株式を発行している企業が倒産すれば、株式の価値は殆どなくなってしまうわけです。 また、企業には落ち度が無くても、株式市場全体の下落によって大きな損を生み出してしまう可能性もあります。

2-6 . 確定拠出年金(401K)・iDeco

自分で自分の年金を構築することを目的とした資産運用方法です。 利益以外のメリットも多く、今後拡大していく資産運用方法のひとつといえるでしょう。 企業型と個人型に分かれ、個人型の確定拠出年金はiDecoと呼ばれています。

確定拠出年金(401K)iDecoのメリット

確定拠出年金(401K)・iDecoは、資産運用の対象となる資産クラスを自分で選ぶことが可能です。
また、絶大な節税メリットもあります。例えば、掛け金は全額所得控除の対象となり、税金を安くできます。 仮に年間100万円分をiDecoの掛け金として支払った場合、年末調整や確定申告で申告すれば、100万円×所得税率分が還付されるわけです。
さらに資産運用によって得た利益は非課税であり、こちらも税制面で優遇されているといえます。 これらに加えて、万が一自己破産に陥ったとしても、没収されないという側面も持っています。

確定拠出年金(401K)・iDecoのデメリット・リスク

基本的には「年金」として資産運用するため、60歳になるまでお金を受け取れません。 また、運用成績次第では年金額が減るリスクもあります。 さらに、運用管理手数料や買付手数料といったコストもデメリットのひとつでしょう。
しかし、これらのデメリットやリスクを考慮しても、税制面のメリットや安定性の高さは魅力です。 元本保証型の商品を購入すれば、元本割れのリスクも低減できるでしょう。

2-7 . 外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド)

外貨MMFは、外貨預金と投資信託を合わせたような資産運用方法です。 日本円を一端外貨に両替し、その外貨で安全性の高い債券を購入します。
証券会社で購入でき、低リスクでありながら、リターンとのバランスがとれた投資といえるでしょう。

外貨MMFのメリット

同じ外貨を扱う資産運用でありながら、「外貨預金よりも金利が高く手数料が安い」というメリットがあります。 また、1万程度という少額からの購入も可能で、解約も自由です。
特に楽天証券やSBI証券では1000円程度からの購入も可能になっています。 加えて、外貨MMFの分配金は毎日計算され、翌月に再度投資されます。 これにより複利効果が発生し、より資産運用の効果を高めてくれるわけです。

外貨MMFのデメリット・リスク

あくまでも外貨建ての資産運用であるため、為替レートによっては元本割れのリスクがあります。 また、2016年1月から税制が変わったことで、為替差益に対して一律20.315%の税金が課されるようになりました。
2015年まではリスクの割にリターンを見込める資産運用方法でしたが、2016年以降はリターンが減ってしまったことになります。

2-8 . J-REIT

J-REITとは、不動産を対象とした投資信託です。投資家から集めた資金をプロが不動産市場に投入して、家賃収入や売却益を得ます。 投資家はその利益から分配をうけることで資産を増やすという資産運用方法です。
元々はアメリカで誕生した制度でしたが、日本でも2001年9月から証券取引所に上場しています。 投資対象となる不動産は、オフィスビルや一般のマンション、商業施設など様々です。

J-REITのメリット

通常の不動産投資とは異なり、投資信託として金融商品化されているため、「少額から購入できる」というメリットがあります。 不動産市場に興味があっても、元手が少なくて投資できない…というデメリットが解消されるわけですね。
また、投資信託の性質から「分散投資しやすい」「不動産よりも換金性が高い(=流動性が高い)」というメリットもあります。

J-REITのデメリット・リスク

J-REITは不動産市場を対象とした上場投資信託のため、不動産市場と株式市場という2つの市場から影響を受けがちです。 不動産市場が下火になればJ-REITも値下がりするリスクがありますし、他の株式釣られて値下がりを起こす可能性もあります。
また、実際の不動産投資よりも変動が激しく、ややリスクが高い資産運用方法といえるでしょう。

2-9 . FX投資(外国為替証拠金取引)

最後に紹介するのはFXです。FXは、少額の証拠金を元手に外貨を購入し、レバレッジをかけて大きな利益を狙う手法です。 FXは投資よりも投機の側面が多いため、資産運用のカテゴリに属するかは微妙なところです。
しかし、短期売買を繰り返さず、中長期的に金利差や為替差益を狙うのであれば、資産運用のひとつといえるでしょう。 基本的には土日を除く24時間、常に稼働し続けている市場です。

FX投資のメリット

FXは証拠金を元にレバレッジ(倍率)をかけ、実際の資金よりも大きな取引が可能になります。 2017年時点では国内で最大25倍のレバレッジが可能です。
つまり、100万円の現金を投資すれば最大2500万円分の通貨売買が可能ということです。 これを利用して、元手を大きく上回る利益を狙うことができます。 さらに、レバレッジを低く設定して売買の頻度を限りなく小さくできれば、スワップポイントによる利益も期待できるでしょう。 スワップ金利とは自国通貨と外貨の金利の差です。
例えば円の金利が0.2%、オーストラリアドルの金利が1%だとしましょう。差は0.8%です。 この差がスワップポイントで、外貨を保有している限り、毎日利益を上げることも可能です。

FX投資のデメリット・リスク

FXは、外貨を扱うため為替変動や金利変動の影響を強く受けます。 また、レバレッジを用いるため、大幅に元本割れを起こすリスクと隣り合わせです。
さらに含み損が拡大して一定額に達すると、自動的に強制決済制度によるロスカットが行われ、損が確定しまいます。 資産運用や投資の初心者には、非常にリスクが大きい手法といえるでしょう。

3 . 初心者が資産運用を始めるためのポイントとコツ

では最後に、初心者が資産運用を始めるためのポイントやコツについて解説します。 どのような資産運用であっても、コストやリスクは存在しますからね。

3-1 . 長期的な投資としてリスクを考える

資産運用によって利益をあげるためには、投資のリスクを考える必要があります。 例えば株式投資であれば市場全体の株価下落、企業の不祥事とったリスクが考えられますよね。
一方、FXならばレバレッジが高いほどリスクも増大します。 こういった「高リスクな投資方法」は、初心者にはあまりおすすめできません。 特に短期売買による利益を狙うような投機になってしまうと、ギャンブルと同じように計画性が欠如し、精神的にも不安定になります。 できるだけ少額から購入でき、長期にわたって徐々に資産が拡大していくような投資がおすすめです。

3-2 . 資産運用には税金がかかる

資産運用には、資産に応じて税金が課されることも考えなくてはなりません。 原則として、資産運用によって生まれた利益には「20.315%の税金」がかかると理解しておいてください。

20.315%の税金が課される資産運用は、以下の通りです。

・銀行預金の利息
・外貨預金の利息
・個人向け国債の利息
・外貨MMFの利息、為替差益
・FXによる売却益、スワップポイント
・投資信託の売買益、配当金
・ETFの売買益、配当金
J-REITの売買益、配当金

資産運用の中では、確定拠出年金(401K)・iDecoのみが運用利益に課税されないという特性を持っています。 期待するリターンと税金の額を比較して、資産運用効果を測定していきましょう。

3-3 . NISA(少額投資非課税制度)を活用する

確定拠出年金(401K)・iDecoのほかに、NISA(少額投資非課税制度)を活用することでも節税効果が見込めます。 NISAとは2014年にスタートした個人投資家に対する税優遇制度です。
当初は元本100万円分の投資に対する利益、配当金を非課税としていました。
その後対象枠が拡大し、2017年現在では年間120万円分の投資が非課税の対象となっています。
このNISA枠をフル活用することで、資産運用の効果を高めることができます。 「株式投資」や「REIT」「ETF」など、本来20.315%の税金が課される資産をNISA枠として購入していけば税金が免除されるのです。
確定拠出年金(401K)・iDecoと組み合わせて、節税に努めていきましょう。

3-4 . 資産運用は貯金ではなく収入として考える

資産運用は「貯金」ではなく「収入」として考えましょう。 実際には貯金に近い方法もいくつかありますが、目的は「貯めること」ではなく「利益をあげること」です。
そのため、給与収入とは別の収入源として、少額でも長期にわたって利益を上げ続けるという意識が大切になります。

3-5 . 感情に任せず正確な情報から判断する

資産運用や投資において最も重要なのは、「感情に任せた取引をしない」ことです。 資産を動かす場合には、その根拠やメリット、リスクをはっきりさせましょう。 そのためには、感情よりも客観的な情報を優先する必要があります。
例えば投資信託なら資産クラスごとの特性、比率をリサーチする必要がありますし、株式投資なら個別の銘柄について情報を集める必要があります。 また、資産運用の方法と自らの性格的な相性も考慮してみてください。
仮に「毎日のように値動きを気にするのは向いていない」と考えるタイプであれば、「買って放置」が可能な資産運用が向いているといえるでしょう。

3-6 . 自分の資金状況は余剰資金&小まめに把握する

資産運用は、基本的に「余剰資金を投資する」ことが大前提です。 初心者であれば、毎月銀行に預金していたお金を資産運用のために投資するという方法をおすすめします。
余剰資金を投資することが、最大のリスクヘッジになるともいえるためです。 どんなに運用成績が悪くても、生活を脅かされることがありませんからね。
また、資産状況は定期的にチェックするようにしましょう。
状況に応じて資産の構成を組み替えたり、新たな投資先を見つけたりしていけば、長期的な資産運用効果が高まっていきます。 ちなみに初心者が資産運用を始める目安としては、100万円程度が妥当だといえるでしょう。
仮に失敗したとしても何とか取り戻せる金額ですし、利息や税金を計算しやすいですからね。

4 . 資産運用は自分と投資先の成長を意識する!

冒頭でも述べたように資産運用は投資を含んでおり、投資は「長期的な成長」をベースに考えるべきものです。 この成長とは、投資先だけではなく自分自身にも当てはまります。
投資と資産運用を繰り返すことによって、金融商品や税制についての知識が深まり、より精度の高い資産運用が可能になるのです。 そのためには、少額かつ低リスクなものから投資を始め、徐々に資産を大きくしていく心構えが必要になるでしょう。
また、本記事で紹介したように、資産運用の種類ごとに流動性やリスク、期待できるリターンは異なります。 まずはこれらを勉強するつもりで、資産運用を開始してみることをおすすめします。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice