HOME 資産運用 お金持ちになるには?高収入を得るために必要な心構えと方法

お金持ちになるには?高収入を得るために必要な心構えと方法

ファイコロジスト 山田

ファイコロジスト 山田

0

「お金持ちになりたい」誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。にもかかわらず、ほとんどの人が「自分には無理」とあきらめて何も行動しないのが現実です。しかし再現性が高い方法を実践すれば、すべての人にチャンスはあります。高収入を得るための代表的な方法についてメリットやデメリット、心構えなどを記載しましたので、これからお金持ちを目指す人は最後まで読んでください。

目次

1 . お金持ちになるために必要な心構え

世の中にはお金持ちになるためのノウハウ本があふれています。多くの作中に、著者の人生を変えた「ある本」について言及されています。

ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん貧乏父さん」です。

この本が画期的なのは、お金持ちになるための必要な心構えを端的に述べている点です。特によく引用されるのは資産と負債の定義です。
「資産とは、収入を生み出してくれるもの」
「負債とは、支出を生み出してしまうもの」
このシンプルな考え方が、多くの人のマインドセットに影響を与え、お金持ちを生み出しているのです。

同書によれば、自分が住むための家や乗るための車は収入を生まず、それどころか維持費用がかかる「負債」だといいます。一方、「資産」と呼べるものは、持っているだけで収入を生み出してくれるものです。具体的には賃貸用の不動産や特許権などの権利収入などがあります。

自分自身が働いて稼げるお金には限界があります。難関資格や経験を持った高給取りの専門家でも同じです。そもそもコンスタントに高い給料を維持することは競争が激しく、誰にでもできることではありません。しかし資産は持ち主を問わずに収入を生んでくれます。再現性が高く、得られる収入に限度がないのです。

自ら労働して稼ぐのではなく、継続的な収入を得られる「資産」を持つこと。これがお金持ちを目指す人が持つべき心構えです。

2 . お金持ちになるには?方法1:不動産投資

「金持ち父さん貧乏父さん」でも「資産」による収入の代表格としてあげられている不動産投資の手法を紹介します。

2-1 . 不動産投資とは?

ほとんどの人はマイホームか「賃貸住宅」のどちらかに住んでいます。不動産投資はマンションやアパート、一戸建てなどの居住用不動産を持ち、住みたいという人に賃貸して家賃収入を得る、という方法です。広い意味では、月極駐車場やオフィス、倉庫を購入(投資)して貸すことも含まれます。

いわゆる大家さんになるわけです。大家さんというと、もともとお金持ちだったり土地を相続したりした人がやるイメージかもしれませんが、現在は一般的なサラリーマンが行うためのノウハウが確立しているので広く門戸が開かれています。

むしろ会社員や公務員の人は不動産投資に向いています。物件を買うために必要不可欠な金融機関による融資は、自営業者や経営者よりも安定継続した収入があるサラリーマンのほうが利用しやすいからです。

2-2 . 不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資の最大のメリットは、継続的に大きな収入が見込める点です。手持ち資金が数百万円であっても、融資を受けることで数億円規模のマンションを買えます。500万円を元手に5000万円の融資を組み、年間300万円の利益をあげれば、たった2年で元がとれます。買う物件の規模が大きければその分、家賃収入も増えます。収入を2倍にするために労働時間を2倍にする必要はないのです。

しかも家賃収入は毎月継続的に振り込まれるので、いちど入居が決まれば数年から長くて数十年は安定した収入が得られます。すでに入居者がいるオーナーチェンジ物件なら、買ったその月から収入が発生します。

再現性が高いのも大きなメリットです。勤務状況や手持ち資金が一定の基準を超えており、金融機関が認めた物件であれば、多くの融資はおります。入居者探しやトラブル対応などは管理会社がやってくれるので、具体的で詳しいノウハウは必要ありません。

ただ収益が出る物件を買い、リフォームや再投資の判断をするためには、土地や住宅設備に関する知識もある程度は必要となります。何も知らないままいきなり始めると思わぬ損をすることがあるので注意しなければなりません。

再現性が高いといっても、基準に合わなければ融資を受けることはできないので、人によってはハードルが高いというデメリットはあります。金融機関によりますが、年収の最低ラインは500万円~700万円といったところでしょう。勤続年数は長いほどよく、最低でも2~3年は必要です。

融資のハードルは、少額投資から始めて手持ちの不動産を担保に入れたり、配偶者と一緒にやったりすることでクリアできることもあります。

2-3 . 不動産投資でお金持ちになる方法

家賃水準や不動産価格は変動が小さく、ミドルリスク・ミドルリターンといえます。仮想通貨で生まれた「億り人」のように、数ヶ月で何億円という現実離れした利益をあげることは難しいのですが、大きく損をするリスクも低いということは魅力的です。

しっかりと地に足のついた「賃貸経営」を継続すれば、次に投資する資金がたまり、金融機関への信用を得ることができます。そうするとまた融資を受けて物件を買いやすくなるでしょう。物件を買い増して資産規模を拡大し、収支を増やす。やがて本業の給与を超え、自由に使えるお金をさらに増やしていく……というのが不動産投資でお金持ちになるための一般的なロードマップです。

先述のとおり、堅実に投資するためには勉強が必要ですが、本やインターネットだけでは最新の融資事情を知ったり物件情報を得たりすることは難しいでしょう。物件選びやで融資付けで力になってくれる不動産会社とつながるために、不動産会社のセミナーに参加することをおすすめします。

3 . お金持ちになるには?方法2:株式投資

お金持ちになる手段として、株式投資をイメージする人も多いと思います。全米で5本の指に入る大金持ちのウォーレン・バフェット氏は資産の大半を株式で築きました。個人で数億円を動かすデイトレーダーも少なくありません。

3-1 . 株式投資とは

上場会社の株式を売買して売却益を得ます。配当や優待という収入もありますが、投資額に対して年間1~4%がせいぜいなので、お金持ちになりたい人というよりは、すでにお金持ちになっている人がやる投資法です。株式投資の収入源は株価の変動といえます。

株式投資にはさまざまな手法があります。株式の割安さや成長性を見抜いて投資する中長期投資、価格変動に規則性に目をつけ、買ってから数日~1・2週間後に売るスイングトレード、買ったその日に売るデイトレード、新規上場する株式を手に入れるIPO(新規株式公開)などがその一例です。

3-2 . 株式投資のメリット・デメリット

株式投資の特徴は価格の動きが激しいことです。上場廃止が決まると数日で1株1円になることもありえます。リスクの大きいことはデメリットともいえますが、短期間で資産を爆発的に増やすこともあることは、メリットともいえるでしょう。

特に初心者のうちは損を出し、資金が底をつくことも珍しくありません。ただ数万円の資金さえあれば誰でもやってみることはできるので、始めるまでのハードルは低いといえます。

3-3 . 株式投資でお金持ちになる方法

株式投資でお金持ちになっている人は、投資先を徹底的に研究して数年、数十年の長期投資を行っている人か、短期売買を繰り返して資産を雪だるま式に増やしている人が多いようです。どちらも非常に高度な知識と技術がなければなりません。運に左右される部分も大きいといえます。

決して再現性が高いとはいえません。それでも株式投資でお金持ちになりたい人は、ある程度の損失が発生しても、あきらめずに試行錯誤を繰り返していく覚悟が必要です。

4 . お金持ちになるには?方法3:起業

世界トップクラスのお金持ちは、ほとんどが大きな会社をつくった人かその家族です。フォーブス誌などの全米長者番付にGoogleやFacebook、Amazonなどの創業者が名を連ねているのを見るとよくわかります。

4-1 . 起業とは?

個人事業主や会社の経営者として自ら事業を始める起業は、お金持ちになるための方法として最も古くから知られているのではないでしょうか。最近は会社を辞めずに休日を使って行う「週末起業」や「プチ起業」も注目を集めています。

4-2 . 起業のメリット・デメリット

起業でお金持ちになるためには、深い専門知識や経営管理の能力など求められるスキルが多く、始めるまでのハードルは高いといわざるを得ません。入念な準備をしてから取り組まないと難しいでしょう。加えて人脈や情熱、軌道に乗るまで働き続ける体力も必要です。

これらの条件に恵まれれば、年間数億円の役員報酬や、会社としての価値が増えることによって数十・数百億円の資産を得ることも夢ではありません。ただし失敗すれば莫大な借金を背負うこともあります。

やりがいの点では、起業にまさるものはないでしょう。社会に貢献しようと自分の事業にひた走り、ふときづいたら億万長者になっていたという起業家も少なくありません。

4-3 . 起業してお金持ちになる方法

右肩上がりとはいえない経済成長の中、消費者の価値観は多様化し、「こうやって起業すればお金もちになれる」という決まった方法はないといえます。不動産投資や株式投資も広い意味では起業です。自分の強みを理解し、勉強しながらまずはやってみるという姿勢が大事なのかもしれません。

冒頭で述べたとおり、お金持ちになるための近道は収入を得る資産を持つことです。起業家として成功するためには労働し続けなければなりません。そういう意味では、少し遠回りになる可能性があります。

5 . 「低リスクでお金持ちになりたいなら不動産投資、やりがい重視なら起業

お金持ちになるための王道は、収入を生む資産を持つことです。家賃収入を稼いでくれる不動産を手に入れる不動産投資は最も直接的なアプローチであり、これに比べると労働収入である起業はやりがいに満ちてはいるものの、収入のためという観点では遠回りといわざるを得ません。ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資は、株式投資のような大きなリスクを負いたくない人にもおすすめできます。具体的には、不動産投資セミナーに参加するなどして不動産会社とつながっておくことが近道です。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice