HOME 資産運用 賢いお金の増やし方│おすすめの投資方法と投資を始める前のポイント

賢いお金の増やし方│おすすめの投資方法と投資を始める前のポイント

ファイコロジスト 山田

ファイコロジスト 山田

0

自分の貯蓄額を確認しながら「もっとお金を増やしたい」と考えることは多いと思います。
しかし「具体的な方法がわからない」「自分に合った方法が見つからない」「日々忙しく、投資について勉強する時間がない」など、やり方を決めかねている人もいるのではないでしょうか。

そこで、お金の増やし方を厳選して5つご紹介します。それぞれのメリット・デメリットを挙げますので、自分にとって理想的な方法かどうか判断するために役立つでしょう。
あなたに合ったお金の増やし方をぜひ発見してください。

目次

1 . お金の増やし方│不動産投資

不動産投資は代表的な投資方法のひとつです。会社に勤めながら賃貸経営を行なう「サラリーマン大家さん」も増えています。不動産投資の概要やメリット・デメリットについて解説していきます。

不動産投資とは?

不動産投資とは、土地や住宅などを買って賃料収入や売却収入を得る投資方法です。マンションの1室を所有する「区分所有」や、マンションやアパート1棟を所有する「1棟所有」などの方法があります。本項では人気の高い1棟所有を中心に、不動産投資のメリット・デメリットを解説します。

不動産投資のメリット

① 自己資金の何倍もの不動産を購入して投資できる

不動産を購入するためには数百万円から数億円の資金が必要となるため、金融機関を利用してローンを組むのが一般的です。自己資金の何倍もの物件を購入することで、大きなリターンを期待できます。これは後述する他の投資方法にはない、不動産投資ならではのメリットです。

② 空室保証やオーナーチェンジならすぐに収入を得られる

投資では収益が発生するまでに数ヶ月から数年かかることが多いのですが、不動産投資では始めてすぐに黒字化できることがあります。空室時でも利益を保証する「空室保証」や、すでに管理運用されていた物件を引き継ぐ「オーナーチェンジ」などを利用することで可能となります。

③ 不動産管理会社に委託すればノウハウなしで不動産経営が可能

もし不動産管理・運用のノウハウがなくても、不動産管理会社などの専門家に不動産経営を委託することができます。日頃忙しい方やなるべく管理の手間を省きたい方でも安心して不動産投資を継続できるでしょう。

この委託契約は、自分の死後に家族などの相続人へ引き継ぐことも可能です。引き継がれた相続人に不動産管理ノウハウがなかったとしても、これまでどおり不動産管理を任せられ、家賃収入も得られるので安心ですね。

不動産投資のデメリット

① 投資額が高額で、理想の不動産を入手できないこともある

不動産投資に必要な資金は、他の投資方法と比較してやや高額です。ローン審査が下りなかった場合には、理想の不動産を購入できない可能性もあります。

無理に高額な物件を購入する必要はありません。不動産の売却情報を長期的に観察し、自分に合った物件が出てきたときに投資をスタートするとよいでしょう。

② 入居者に関するトラブルが起きる可能性もある

マンションやアパートを経営していると、その入居者に関するトラブルや、入居者間のいざこざに巻き込まれる可能性があります。その影響で退去者が出ると、家賃収入の減少につながるので注意が必要です。

解決方法としては、あらかじめ入居・退去ルールを明確化しておくこと、不動産管理会社に業務委託してトラブル解決を任せることがおすすめです。

ある程度のトラブルを想定して、事前に対策を立てておくとよいでしょう。

③ 諸経費やローンの返済分が出費となる

家賃収入がそのまますべて利益になるわけではなく、諸経費やローンの返済分を支払い、税金を収めた残りが最終的な手取り収入となります。経費には不動産管理会社への業務委託料、固定資産税、リフォーム費用などが挙げられます。

④ 投資スタートまでに時間がかかる

不動産投資を始めるには、物件調査、融資審査、融資契約、物件契約などの手続きをこなす必要があります。他の投資方法のようにすぐにスタートできるとは限りません。

「投資するまで」に時間がかかることは不動産投資の大きな特徴です。ただしメリット③で述べたとおり、実際に投資を始める、つまり物件を購入してから収益を得るまでには時間がかからないケースが多々あることも理解しておきましょう。

2 . お金の増やし方|株式投資

お金を増やすことを考えたときに、まず思い浮かぶのが株式投資でしょう。

その概要やメリット・デメリットについて紹介します。

株式投資とは?

株式投資とは、企業が発行する株式を安く購入し、株価が上がったタイミングで高く売って利益を生む投資方法です。

株式投資で得られる利益には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2種類があります。キャピタルゲインは、購入した株価よりも高い株価のときに売却して、その売買差益を得るもの。インカムゲインは、株式を一定期間保有することで付与される配当金による利益です。

株式投資の手法は、短時間でキャピタルゲインを得るデイトレードや、数日〜数週間ほどで売却するスイングトレード、長期的に株式を保有して株主優待をもらうなど、多岐に渡ります。

自分に合った投資手法を見つけると、より投資を続けやすいでしょう。

株式を保有していると、その企業の株主総会に出席して議決権を行使することも可能です。

企業経営に関われることも、株式投資のひとつの特長ですね。

それでは株式投資のメリットとデメリットを解説します。

株式投資のメリット

① 好きな個別銘柄を選んで投資できる

株式投資は、3,000を超える上場株式の中から好きな銘柄を選んで購入します。

売り買いするタイミングも個人に任されているため、非常に選択肢の幅が広く自由度も高いのがメリットでしょう。また、複数銘柄を購入して運用することで、値動きを分散させて値下がりリスクを軽減することもできます。

② 運用状況によって、大きな利益を得られる可能性がある

株式投資は、他の金融商品と比べて値動きの幅が比較的大きいため、ハイリスク・ハイリターンの投資手法といえます。運用状況次第では大きな利益を得ることも可能で

③ 配当金により長期的に利益を受け取れる可能性がある

配当金は、企業の経営状況が好調のときに出る株主への分配金です。この配当金を安定的に受け取れた場合、保有し続けることで長期的に利益を得られるでしょう。

④ NISA口座の非課税枠が利用できる

通常、株式投資や投資信託などで利益を上げると、その利益に対して20.315%の税金がかかります。この税金をゼロにできる優遇税制が、NISA(少額投資非課税制度)です。

現在のNISA口座の非課税枠は年間120万円、非課税期間は最長5年間なので、最大600万円分の取引に対して税金がかかりません。このNISA口座を利用することで、株式投資で上げた利益をそのまま受け取れるのがメリットです。

株式投資のデメリット

① 経済情勢や業界動向などをチェックする手間がかかる

株式市場の動きを把握するためには、世界経済情勢や株式を発行した企業の属する業界動向などをチェックする必要があります。日頃から会社や家事などで多忙な方にとっては、手間がかかると感じるでしょう。

簡単に情報を得る手段としては、取引している証券会社の担当者に聞く、新聞や金融雑誌を購読するなどがあります。自分に合った手段を見つけて情報を得るようにしましょう。

② 株式売買に手数料がかかる

株式を購入する際・売却する際には、一定の手数料がかかります。
この手数料額は取引に利用する証券会社によって異なるため、より手数料の低い証券会社を利用して手数料を軽減するとよいでしょう。
一般的にインターネット専業のいわゆるネット証券は手数料が低い傾向にあります。SBI証券や楽天証券、松井証券などが有名です。

③ 運用状況によって、大きなマイナスをこうむる可能性もある

株式投資は大きな利益を得られる可能性がある反面、大きな損をかぶってしまう可能性もあります。このリスクを軽減するためには、複数の株式や運用商品に投資してリスクを分散し、トータルで利益を確保するのがおすすめです。

④ 売買のタイミングを自分で決める必要がある

株式を売買するタイミングは運用する人に任されているため、自分で買いどきや売りどきを判断する必要があります。迷っていると、その間にチャンスは通り過ぎてしまいがちです。
決断が苦手な方は、「元値より10%値上がりしたら利益確定する」「元値より15%値下がりしたら損切りする」など、投資ルールをあらかじめ決めておくとよいでしょう。

3 . お金の増やし方|投資信託

証券会社だけでなく、銀行や信託銀行などで広く販売されているのが投資信託です。

投資初心者でも取り組みやすい投資信託の概要やメリット・デメリットについて解説します。

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャー)が株式や債券など複数商品に投資・運用する金融商品のこと。その名のとおり、「投資のプロを信じて託す」商品です。

利益を得る方法は株式投資と似ており、投資信託の売買差益を得るキャピタルゲイン、投資信託の分配金を得るインカムゲインの2つがあります。

投資信託を販売する会社(販売会社)と運用する会社(運用会社)、資金を受託する会社(受託会社)は異なるのが一般的です。受託会社がもし倒産した場合でも、投資した方の資産は別に管理され影響は特にありませんのでご安心ください。

それではメリットとデメリットを解説します。

投資信託のメリット

① 少額から購入できるので、初心者でも投資しやすい

投資信託は、一般的に1万円単位で購入できます。中には最低100円から1円単位で買えるものも。他の投資方法と比較してより少額から投資できるため、初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

② 1商品で分散投資できる

運用商品の値動きリスクを軽減するためには、複数商品に分散投資するのが基本です。

投資信託は最初から複数銘柄を組み合わせて設計されているため、1商品を購入するだけで分散投資が可能です。さらに分散投資をしたい場合は、投資対象の異なる投資信託を複数所有するとよいでしょう。

③ 運用状況によって、大きな利益を得られる可能性がある

投資信託は、組まれている中身によって値動きが変わります。

一般的に、株式の比率が高いほど値動きが大きく、債券の比率が高いほど値動きが小さくなります。ハイリスク・ハイリターンな商品に投資すると、運用状況次第で大きな利益を得られるでしょう。

④ NISA・IDeCo口座の非課税枠が利用できる

投資信託は株式投資と同様にNISA口座を利用できるほか、iDeCo(個人型確定拠出年金)口座も利用可能です。iDeCoは掛けられる金額に制限があるものの、高い節税メリットがあります。NISAとiDeCoを使って利益を最大化するとよいでしょう。

投資信託のデメリット

① 運用状況をコントロールできない

投資信託は、その運用方針や投資先の内容・組み替えるタイミングなどをすべて専門家に任せています。そのため、運用について個人でコントロールできないのがデメリットです。

唯一できるのは売買する銘柄とタイミングを見極めることなので、市場動向をよく観察しておくとよいでしょう。

② 売買のタイミングにタイムラグがある

「今すぐに投資信託を売買したい」と思っても、投資信託はすぐに手続きができません。

基本的に、海外株式・債券を含む商品は2営業日、国内株式・債券を含む商品は1営業日のタイムラグが発生します。必ずしも現在の価格で売買できるわけではないので注意しましょう。

③ 運用状況によって、大きなマイナスをこうむる可能性もある

値動きの大きな株式を多く含む投資信託ほど、ハイリスク・ハイリターンになる傾向があり、運用状況次第では大きなマイナスをかぶる可能性もあります。株式投資同様、複数商品に分散投資することで、値動きによるリスクを軽減できるでしょう。

④ 売買・保有に手数料がかかる

投資信託を売買する際には手数料がかかり、保有している間も信託報酬という手数料が引かれます。この手数料は、購入する商品や販売する金融機関によって異なります。

投資信託の手数料は、株式投資と比較してやや高めに設定されているので、より手数料のかからない商品や金融機関を利用するのがおすすめです。最近では売買手数料のかからないタイプも増えています。

4 . お金の増やし方|FX

日本ではFXの人気が高く、利用しやすい投資商品です。

FXとは?

FXとは、「Foreignexchange(外国為替証拠金取引)」を略したもので、ドルやユーロなど外国の通貨を売買する投資方法です。

FXの特長は大きな「レバレッジ」をかけられること。レバレッジとは「テコの原理」という意味で、自分の資金を担保にして本来の資金の何倍もの取引を可能とするしくみです。現在は25倍までに制限されています。

FXの利益は、購入価格より高く売却したときに得られる売買差益が中心となりますが、保有している間に「スワップポイント(FXで売買を行ったときに発生する2国間の金利の差)」ももらえることがあります。

それではFXのメリットとデメリットを解説します。

FXのメリット

① 少額 から購入できるので、初心者でも始めやすい

FXは数千円~数万円あれば始められます。比較的少額から購入できるので、初心者でも取り組みやすい商品です。

② 少額で大きな利益を得られる可能性がある

FXはレバレッジをかけられるため、実際のお金が少額でも大きな利益を得られる可能性があります。大きな利益を期待したい方にはおすすめの投資法でしょう。

③ 下落トレンドでも利益を得られる可能性がある

全体的に価格が下落している「下落トレンド」では、値動きによる利益を得るのは難しいです。しかしFXは「先に売ってから買い戻す」ということができるため、下落トレンドでも利益を上げられる可能性は十分にあります。いつでも利益を出せるのはFXの強みですね。

④ スワップポイントが毎日付与されることがある

原則的に金利の高い通貨を買い、低い通貨を売ると、毎日スワップポイントを得られます。長期的により安定した収益につなげることが可能です。

⑤ 24時間取引可能

株式の取引時間は基本的に9時~15時までの間なので、仕事を持っている人がリアルタイムで売買することは難しいでしょう。FXは24時間取引されており、いつでも売買できる商品です。早朝や真夜中など自分に適した時間帯で取引することができて便利といえます。

FXのデメリット

① 強制ロスカットにより取引できなくなることがある

強制ロスカットとは、口座に残っている資金が一定水準以下になった場合、FX会社が強制的に損失を確定し決済することです。途中で運用をストップさせられる反面、マイナスが拡大するのを防げるのは利点ともいえます。

② 短時間で大きく変動していることがある

FXは24時間取引可能なため、寝ている間などに大きく値動きしていることもあります。
値動きを見逃したために強制ロスカットにあう可能性もあるので、注意が必要です。

③ 売買時に手数料(スプレッド)がかかる

株式投資や投資信託と同様、FXも「スプレッド」という手数料がかかります。

スプレッドは取引する業者によって異なりますが、現在は全体的にとても低い水準です。その中でも大手の系列会社は特に低い傾向にあります。多くの顧客を抱える会社ほど、薄利多売で利益を生めるため、スプレッドを小さくしやすいからです。

5 . お金の増やし方|ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、これまで紹介した投資方法の中で一番新しい投資法です。の概要やメリット・デメリットについて解説していきます。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)の間にソーシャルレンディング事業者が入り、双方をマッチングするサービスのこと。

運用利益は、貸出金利から事業者への報酬を引いた利回りによって決まり、一定の期間ごとに分配されます。最初に支払った元本は、毎月に分けて返済されるか、満期時に一括で返済されます。

ソーシャルレンディングは、その投資先や貸出予定金利、満期までの期間などが案件によって大きく異なるのが特徴です。

それではソーシャルレンディングのメリットとデメリットを解説します。

ソーシャルレンディングのメリット

① 少額から投資できて初心者でも始めやすい

ソーシャルレンディングは、最低1万円から投資することができます。金額のハードルが低いため、初心者でも取り組みやすいでしょう。

② 比較的高めの利益が見込める

ソーシャルレンディングの貸出金利は年利数%〜10%程度と、比較的高めの利益が見込めます。このような金利設定になっているのは、より多くの金額を集めたいという借り手側の意図があるからです。

③ 元本の値動きがない

ソーシャルレンディングには、株式や投資信託、FXのような元本の値動きがありません。
そのため、値動きをチェックする必要がなく、いつ投資しても同条件で運用することができます。

④ 好きな企業・プロジェクトを直接支援できる

ソーシャルレンディングを募集する企業・プロジェクトには、さまざまなものがあります。
その中から好きなものを選んで直接支援できるのも、メリットのひとつでしょう。

ソーシャルレンディングのデメリット

① キャピタルゲインを狙えない

ソーシャルレンディングは元本の価格変動がないため、株式や投資信託のようなキャピタルゲインを狙うことができません。一時的に大きな利益を得たい方には不向きの投資方法でしょう。

② 中途解約ができない

ソーシャルレンディングは、満期を迎えるまで中途解約ができないものがほとんどです。長期的に保有する必要があるため、資金の流動性は低いといえるでしょう。

③ デフォルトリスクがある

デフォルトとは、お金の借り手が何らかの理由で返済不可能に陥ること。
企業やプロジェクトに投資するという性質上、投資先のデフォルトによって大きなマイナスをこうむる可能性があります。

損を避けるためには、より信頼度の高い案件に投資することです。

投資を始める前に知っておきたいポイント

さっそく投資を始めようと思った方に向けて、より投資を成功させるためのアドバイスをお伝えします。

すべての投資方法に共通する注意点

これから投資を始めるにあたり、共通して注意しておくべきことは2つあります。

① 元本割れするリスクがある

紹介した5つの投資方法はすべて元本保証ではなく、購入した価格よりも値下がりしたり、コストが利益を上回ったりした場合、元本割れする可能性があります。

しかしそのリスクを負うからこそ、大きなリターンも得ることができるのが投資の醍醐味です。元本割れを避けるために、その投資方法に対する情報収集をしっかりと行なうこと、専門家の意見を確認することが大切でしょう。

② 必要資金ではなく余裕資金で運用する

あなたの資金をその使用目的で分類した場合、現在や将来の生活に必要な「必要資金」と、特に使用使途のない「余裕資金」に分けられます。万が一、必要資金で運用して大きく損してしまうと生活に悪影響が及びますので、投資には余裕資金を利用しましょう。

投資を始める前にしておいた方がよいこと

投資をスタートする前にしておいた方がよいことを3つ挙げます。

① 今後のライフプランを踏まえ、増やしたい金額を明確に

ライフプランとは、理想の将来設計のことです。結婚、出産、育児、マイホームや車の購入などのタイミングと資金の準備を計画しておくことで、より理想的な生活を送れる可能性が高まります。

ライフプランを描いたら、それを実現するのに必要な資金を計算し、投資で増やしたい金額を明確にするのがおすすめです。投資用や貯金用に銀行口座も分けておくとよりわかりやすいでしょう。

② 自分の許容できるリスクを決めよう

リスクという言葉は「危険」という印象がありますが、投資の世界では「値動きの幅」のことです。

5つの投資方法は、それぞれリスクが異なります。ハイリスク・ハイリターンな投資方法は、株式投資、FX。ミドルリスク・ミドルリターンな投資方法には、不動産投資、投資信託、ソーシャルレンディングが当てはまります。

投資初心者が最初からハイリスク・ハイリターンな投資に挑戦すると、失敗したときの経済的・精神的なダメージが大きくなる可能性があります。まずはミドルリスク・ミドルリターンの投資にチャレンジするとよいでしょう。

③ セミナーや本で投資について勉強しておく

投資に関するセミナーに参加する、本や雑誌を読むなど、投資について事前に勉強してから投資をスタートするのがおすすめです。

特に、投資セミナーに参加し、専門家しか知らない情報を得ることは有益です。

中でも不動産投資のセミナーは多く開催されており、それだけ多くの人の関心を集めていることがわかります。興味のあるセミナーに積極的に参加するとよいでしょう。

投資初心者はミドルリスク・ミドルリターンの投資方法を前提に、セミナーで情報収集を

金の増やし方にはさまざまな方法があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

中でも投資初心者におすすめなのは、ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法である、不動産投資、投資信託、ソーシャルレンディングです。

事前に理想のライフプランや増やしたい金額を明確化し、セミナーや本などで投資の勉強をしておくことで、よりスムーズに投資をスタートできるでしょう。ぜひ投資に取り組んで、理想的にお金を増やしてください。

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice