HOME 融資関連 融資氷河期に厳しくなる要件【現役サラリーマン大家が語る!Vol.65】

融資氷河期に厳しくなる要件【現役サラリーマン大家が語る!Vol.65】

中林準

中林準

0

最近不動産融資が締まりつつあるという話は、不動産購入に向けて実際に行動している方はよく聞かれる方が多いと思います。私も資産規模拡大に向けて業者回りや金融機関回りをしていますが、不動産融資は厳しくなってきていることを実感しています。

不動産融資が厳しくなると、以前であれば購入できた不動産が、融資が出ないということで購入できないということが増えてくるわけですが、具体的に何が変わったから、今まで融資が出ていた物件に対しての融資が出ない、もしくは融資額が減少するのか?について、理解している人は意外と少ないと感じています。

ということで、今回は不動産融資が締まることが、不動産の融資審査のどういった項目へ影響を与えるのかについて具体的にお伝えしたいと思います。

目次

1 . 会社員としての年収

通常、各金融機関は不動産融資をするにあたって、サラリーマン年収として最低限必要な年収を定めています。

例えば、今まで年収700万円以上というのが、最低限必要となるサラリーマン年収だった金融機関が、その金額をつりあげ1,000万円とした場合は、どうなりますか?

当たり前ですが、こういった変更があった場合は、今までこの金融機関から不動産融資を受けることが出来た年収700万円~1,000万円未満のサラリーマンが不動産融資を受けることが出来なくなるため、不動産投資を始められる人が少なくなります。

この下限となる年収が昨年の10月あたりくらいから上がってきているというのが私の印象です。
例えば、今までサラリーマン年収が1,000万円以上であれば、新設法人融資が可能といっていた金融機関がいきなり1,500万円以上に変更し、その時点で融資している案件も含め、いきなり変わってしまったという話も不動産業者から聞きます。

2 . 自己資金割合

自己資金割合は高ければ高いほど、金融機関としては担保が取れることになるので、できる限り高くしたいのですが、昨年の3月頃ぐらいまでは、自己資金割合は0でフルローンで購入できるケースも多くありました。

しかし、最近は、物件評価額の20%、30%分につき、自己資金を入れて欲しいという金融機関が増えてきました。

ただ、10年以上不動産投資をやっている方からすると、むしろ昨年の3月頃までの状況が異常で、金融機関から自己資金を一定割合いれるよう要求があるというのが正常と認識されている方も多いようです。

自己資金割合に関して、高く設定されればされるほど、当然購入できる人が少なくなります。例えば、1億円の物件について、自己資金割合10%で購入できたものが、自己資金割合20%でないと購入できなくなった場合、単純に1,000万円多く自己資金がないと、その不動産を購入できないということになります。

従って、自己資金割合が高い局面では、お金を持っている方が優良物件を購入しやすくなります。買える人が少なくなるということは、物件価格が下がることにつながります。現金を多めに保有している方は、競合となる投資家が少なくなるため、このピンチをチャンスに変えることも出来ます。

3 . 購入物件の融資対象エリア

最後に、不動産融資が厳しい局面では、金融機関が融資できる物件の対象エリアが狭くなる傾向があります。今まで全国どこでも融資してきたという金融機関がエリアを狭くすることもありますし、今まで東京エリア全域に融資していた金融機関が、東京都23区の物件にしか融資をしないというパターンもあります。

そうなると、今まで融資対象エリアだったけど、不動産融資が厳しくなったことにより、融資が出なくなってしまったエリアの物件を購入する難易度が上がります。

全国が融資対象エリアという状況であれば、購入可能性のある物件数が増えますが、それが狭くなってしまうと、必然的に購入可能性のある物件数は減少します。

しかし、融資されなくなったエリアの地場の信金・信組と取引実績がある等、自分で融資付け出来る方はむしろこのピンチはチャンスになる可能性もあります。そういった意味でも、取引実績のある金融機関はできる限り多く持っておいた方がベターです。

今回は主要な3項目についてお伝えしましたが、細かい論点は色々あります。
融資が厳しくなったからと言って、諦めて行動を緩めるのではなく、逆にチャンスになる可能性もあることを意識した上で、自分に最適な融資戦略を立てていきましょう。

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice