HOME 不動産投資用語集 地番

「地番」ってなに? 住所の番地(住居表示)との違いは?

住所の表記方法の1つ。土地の一筆(※1)ごとにつけられた番号のことを地番と言います。 地番区域ごとに権利者の土地の位置が分かりやすくなるよう定められており、権利証の「所在」の後に記載されているのが一般的です。 地番は“登記すべき土地”を特定するためのものです。未登記の土地や河川の流水下の土地といった登記できない土地には地番はありません。 ※1.一筆(いっぴつ・ひとふで)……登記で使われる土地の数え方。一個の土地とされているもの。

1 . 地番

日本の所在の表記方法は住所(住居表記)と地番があります。一般的な住所には「番地」があり、地番と混同してしまうため注意が必要です。
ここでは、地番について、また番地との違いについてご紹介します。

2 . 地番は登記で使われるもの

先にご紹介しましたが、地番はすべての土地につけられている訳ではありません。川や湖の水面などは登記ができませんから地番は存在しないのです。
地番は一般的な住所(住居表示)の番地と混同されることが多いです。しかし、地番と番地は全く違います。
地番は登記所が決めますが、住所は市町村が決めています。このため、ふたつの番号には関連性はありません。
登記手続きをする際、地番を記入する項目で番地を書いてしまうミスが多いので注意が必要です。

3 . 「地番」と住所の「番地」(住居表示)の違い

住居表示は、行政(市区町村)が道路や鉄道、河川などで区画分けした地域(街区)内の建物を識別するために使うものです。このとき街区符号と住居番号が使われます。
街区符号が住居表示の「番地」の番号です。後にくる数字と「号」が住居番号にあたります。
このため、一般的に「番地」と認識されている数字は、街区符号と住居番号になります。
住居表示の番号・番地は、“建物につけられた番号”であり、建物がない場合、住所は存在しません。
つまり住居表示とは、その場所・部屋を利用する人に会うために必要な表記なのです。
郵便など配達するために、マンションなどの部屋番号まで盛り込まれたこの表記を使います。

一方で地番は、人が住んでいたり利用したりしていなくても、その土地の権利者がいる場合に割り振られます。
地番は土地の登記情報や税金など公的な手続きなどをしたり、権利関係を調べるためのものなのです。
つまり、マンションに住む人の全ては知る必要がなく、土地の登記情報や権利関係など公的な情報について調べたり手続きしたりするときに使われるのです。
地番

番地と地番は割り当てる行政も違えば、目的も異なります。両方の意味を知っていれば、手続きで混同してしまうこともないでしょう。
地番は法務局やインターネットで調べることができます。不動産を取得している方は、確認しておくことをおすすめします。

地番 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice