HOME 不動産投資用語集 遺言信託

言信託

「遺言信託」とは? 遺言信託のメリットと執行の流れ

遺言者の財産を信託銀行・会社に管理・運用してもらうことを遺言信託と言います。 遺言を書くときに、遺言執行者として信託銀行を指定しておくことで、相続が発生した時に、信託銀行がその遺言に沿って財産の分割や、相続に関する手続きを行います。 信託銀行・会社の「遺言信託」は法律用語の「遺言信託」とは意味が違うため注意が必要です。

1 . 遺言信託

相続が発生したとき、法律に則って各親等に平等に財産分割されるのが一般的です。
しかし、財産を所有する人や相続を受ける側が幼い子どもであったり障害者であったりする場合は、「面倒みてもらうよう別の近親者に相続させたい」という希望を持つ方もいるでしょう。そんなときに有効なのが遺言信託です。
ここでは遺言信託とそのメリットについてご紹介します。

2 . 「遺言信託」は信託ではない?

信託銀行や信託会社に依頼する「遺言信託」とは、財産分割の希望を記載した遺言書の保存や、希望通りに財産を分割する手続きを行う“サービス”を指しています。
一方で、民事信託や家族信託などは、法律上の信託にあたります。
財産の「信託」とは、所有している財産を別の誰かを信じて託すものです。たとえば、「父親が自身の認知症の進行を懸念して、息子に財産を託し、管理させる」という行為が信託になります。このとき父親は「委託者」であり「受益者」となり、息子は「受託者」となります。

上記のように法律上の「信託」は財産を管理するまでのことを意味しますが、サービスとしての「遺言信託」は、財産は預からずに遺言書の管理と分割手続きを行う行為を指します。この違いを理解しておくことが大切です。

3 . 遺言信託の流れ

遺言信託の業務は、遺言書の作成に係る業務と執行する際の業務の2段階に分けられます。

■ 遺言書の作成
1.遺言書の作成の事前相談
2.公正証書としての遺言書の作成
3.遺言書の保管
4.定期的な見直しと照会

■ 財産分割の執行
1.遺言者死亡
2.信託銀行・会社へ通知
3.遺言書の披露と、信託銀行・会社の遺言執行者の就任
4.遺産の調査・財産目録の作成
5.遺言の執行(遺産分割実施)
6.遺言執行終了の報告

4 . 遺言信託のメリット

・安心
遺言信託は信託銀行・会社という組織に依頼するため、弁護士のように個人に依頼する場合と比較すると安心です。
遺言書は、その執行は数十年先になる可能性があります。このため、依頼した人が死亡してしまうというリスクも十分に考えられるのです。組織に依頼することでこのリスクは回避されます。

・アドバイスがもらえる
財産分割時に、不動産の活用方法や相続税などの資金手当てについて細かいアドバイスがもらえます。

・遺産整理してもらえる
遺言信託ではサービスのなかに「遺産整理」も含まれています。
遺産整理とは、被相続人が遺言を残さずに亡くなってしまった場合に、財産の分配や整理、手続きなどを指します。
複雑な作業を専門家がやってくれるため、スムーズに遺産相続が進みます。
遺言信託

遺言信託は財産の管理だけでなく、遺言書の作成から管理、遺言の執行に税金のアドバイスまで幅広く対応してくれる有意義なサービスです。
公正な遺言書を作成するのは、一般人には難しいもの。遺言書の作成や財産の分割などで気になったら、信託銀行・会社や専門家に相談してみましょう。

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice