HOME 不動産投資用語集 少額投資

額投資

少額で不動産投資! 少額投資をする方法と注意点

「少額投資」とは不動産や株式などを少額で購入し運用することをいいます。不動産の場合、一般的に1000万円以下の物件を購入することが多いです。また、REITなどのように、最終的には多額になっても、小分けに代金を支払いながら行う投資も、少額投資に分類されます。中には、1万円からの投資も可能なものがあるなど、不動産投資に慣れていない方でも安心して始められるというのが魅力です。

不動産投資と聞くと、「大金がかかりそう」というイメージを抱く方も多いと思います。しかし、不動産においても少額投資が可能で、それほどの大金を持っていなくても不動産投資は始められるものなのです。
ここでは、初心者の方でも簡単に安心して不動産投資ができる、不動産の少額投資の方法をご紹介します。

1 . クラウドファンディング

インターネットを介して多くの人から資金を募り、イベントや商品の開発などを行うことができるクラウドファンディング。クラウドファンディングを利用して不動産への少額投資をすることが可能なのです。
不動産投資の会社がクラウドファンディングを利用して資金を募集し、投資家がそこへ任意の額を出資します。不動産投資の会社が運用している不動産で利益が出れば、その利益を投資家へ還元するという仕組みです。
クラウドファンディングでは投資家の利益を目的としているため、金融機関が仲介することなく銀行審査などを受けることなく投資することができます。
また、任意の額を投資できるので、物件によっては1万円からの投資も可能というのが、クラウドファンディングのメリットでしょう。

2 . J-REIT

J-REITは、投資家の代わりに不動産投資を請け負ってくれる会社(不動産投資法人)のことです。
不動産投資法人は投資家から資金を集めて、オフィスビル、商業施設などに投資、運用します。投資や運用は投資のプロが行うことになるため、不動産投資に詳しくないという方でも比較的安心して出資することが可能です。
その運用によって得られた利益の90%が投資家に分配されます。J-REITでの投資商品(物件)の最低金額は8万円で、基本的には10~20万円の商品が多い傾向です。複数の商品に分配して投資することができるなどが、J-REITでの不動産投資の魅力のひとつであると言えるでしょう。

3 . 不動産小口化商品

出資金を出した投資家全員でひとつの不動産を共同所有し、その家賃収入や売却益などを分配するというタイプの投資方法です。
J-REITと似ていますが、決定的に違うのは「不動産を所有できる」という点でしょう。小口化商品の場合、投資した口数分の不動産の所有が認められます。そのため、相続税の節税、また減価償却なども認められるなど、税制面でのメリットが大きくなるのです。
基本的に、1~100万円単位での投資となります。

少額で行える不動産投資の方法をご紹介しました。不動産投資に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。
ただし、少額投資と言っても、お金を投資することには変わりがありません。投資額に見合ったリターンがあるか、生活に必要な資金に余裕があるかなどをしっかり計算したうえで行うようにしましょう。

少額投資 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice