HOME 不動産投資用語集 管理会社

理会社

管理会社は使ったほうがいい? 使わなくてもいい?

「管理会社」とは、オーナーの代わりに入居者のクレーム受付、滞納料金の請求業務、物件修繕の業者手配、退去立ち合いの対応などをしたり、不動産の価値を高めたり、買い手や借り手を探すなどの募集活動をしたりする会社のことです。管理会社によって行ってくれる業務の内容に差がありますので、管理会社を使う場合は、どのようなことを請け負ってもらえるのか調べたうえで依頼するようにしましょう。

不動産のオーナーになると、所有する物件を管理する必要が出てきます。不動産投資で得られる家賃収入などを不労所得と考える人も多いと思いますが、実際、オーナーにはこなさなければならない業務がいろいろとあり、それらを怠ると思ったような収益を得られなくなることがあるので注意しましょう。

そのような業務を行う手間を省く方法として、管理会社を利用するという方法があります。業務を委託するということは、そのための費用が発生するということですので、利用するかどうかはじっくり検討を行ったうえで決めるようにしましょう。

ここでは、管理会社を使ったほうがいいのか、それとも使わなくてもいいのか判断するための材料として、管理会社のメリットとデメリットを紹介します。不動産投資をしようと考えている方は参考にしてみてください。

1 . 管理会社を使うメリット

まずは管理会社を使うメリットを見ていきましょう。

物件を管理する手間が省ける

管理会社を使うことの最大のメリットは、物件管理の手間がなくなるということでしょう。特に会社に勤務しながら不動産投資をする「サラリーマン大家」の場合、日々の仕事に疲れてしまい、物件の管理をするための時間や体力がないというのが現状だと思います。管理会社に管理を委託することで、比較的時間や体力的な余裕を持ちながら物件の管理ができるようになります。

専門家による管理をしてもらえる

素人が抜かりのない管理をするのは非常に難しいものです。しかし、管理会社を使えば、ノウハウを持った専門家に、自分の物件を管理してもらえます。

トラブルが発生しても迅速な対応ができる

専門家が管理をすることで、例えば入居者が家賃を支払わないなどといったトラブルが発生しても、迅速かつ正確な対応をすることができます。

2 . 管理会社を使うデメリット

メリットがある管理会社の利用ですが、当然デメリットもあります。

管理会社に支払う費用がかかる

業務を委託するのですから、当然費用がかかります。管理会社に管理をしてもらっているからと言って必ずしも不動産投資がとんとん拍子に進むわけではありませんので、場合によっては費用を支払っている分赤字になってしまう危険がありますので注意しましょう。

業者の選定に時間と労力がかかる

管理会社を使う場合、どの業者に依頼するのか選定する必要が出てきます。それだけならデメリットとは言えませんが、この選定を間違えると、不動産投資が失敗する可能性が出てくるので注意しなくてはいけません。また業者によって行う業務内容に差があるものです。そのため、業者の選定はじっくり時間をかけて検討しなくてはならず、選定のためにかなりの時間や労力を費やしてしまうことがあります。

管理会社を使うことには、メリットとデメリットがあるものです。それらを把握したうえで、管理会社を使うか使わないかを決める必要があります。

これから不動産投資をしようと考えている方は、ここで紹介したことを参考にしてみてください。

管理会社 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice