HOME 不動産投資用語集 頭金

相場が分かれば準備ができる! 不動産投資の頭金について

「頭金」とは、何かをローンで購入する際に、契約時(購入時)に現金で支払うお金のことです。不動産を購入するのであれば、住宅ローンを借り入れる前に、不動産購入費用の一部として売り手に対し支払うことになります。頭金を多く出すことによって、住宅ローンの借入額を減らすことができ、ローン審査に通りやすくなったり、総支払額の節約になったりします。

不動産投資をするためにはまず、不動産を購入しなくてはいけません。不動産を購入する際には、初期費用として頭金の準備をすることになりますが、どのくらい準備すればいいのか分からないという人も多いでしょう。

ここでは、不動産購入時に用意する頭金の相場がどの程度なのかご紹介します。頭金をどの程度用意すればいいのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

1 . 頭金の相場

頭金の相場は、購入する不動産価格の10~20%ほどであると言われています。

この相場に従えば、2000万円の物件を購入するのであれば、200万円~400万円の頭金を用意すべきであるということになります。

しかし、頭金は自分の貯金から支払うものです。相場がそうであるからと言って、無理をしてしぼり出せば生活ができなくなることもあります。反対に、余裕があるのに相場通りに出していては、余計な金利を支払うことになって総支払額が増えることになります。

頭金は相場を軸にして、自分の貯金額を考慮したうえで無理のない額だけ準備するようにしましょう。

2 . 頭金は多いほうがいい? 少ないほうがいい?

貯金に余裕があるとして、頭金を自分の意思で自由に決められる場合、頭金は多いほうがいいのでしょうか、それとも、少ないほうがいいのでしょうか。

頭金が多いことのメリットとデメリット(少ないことのメリット)を紹介しますので、自分がどのようなことを求めているかを考え、頭金の金額を決定する際の参考にしてみてください。

頭金が多いメリット

・ローンの借入額を減らすことができる

頭金を多くすれば多くするほどローンの借入額が減ります。当然月々に支払う返済額も減りますし、ローンの審査も通りやすくなります。

 

・返済期間を短くできる

借入額が減ることで、ローンの返済期間を短く設定できるようになります。

 

・総支払額を減らせる

借入額が少なければ、借入利息が減り、総支払額を減らすことができます。

 

頭金が少ないメリット

・現金をほかのことに使用できる

頭金を抑えることで初期費用を抑えることができ、リフォームなどに費用を回すことができます。

 

・すぐに物件を購入できる

頭金が少ないということは、多額の頭金を貯める必要がないということです。つまり、自分の好きなタイミングで物件を購入できるということ。人気の物件はすぐに買い手が見つかってしまうものですので、多額の頭金を用意するために時間を費やさなくていいというのはかなり大きなメリットとなります(もともと貯金に余裕がある場合は当てはまりません)。

やはり頭金は多いほうがいいと考える方もいるかもしれません。しかし、だからと言って無理をして多額の頭金を支払う必要はありません。

頭金を支払う場合は、ここで紹介したことを参考にして、自分が支払える額を支払うようにしましょう。

頭金 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice