HOME 不動産投資用語集 PC構造

PC構造

PC構造はどのようなもの? PC構造のメリット・デメリット

「PC構造」とは「PC(プレキャストコンクリート)」を使った工法のことです。コンクリート製の建物を建てるときに使われる工法の一つで、パーツをあらかじめ工場で作り、建築現場に持ち込んで組み立てるのが特徴です。工場で画一的に作るため製品のクオリティを一定に保つことができる上、コスト削減にも効果があります。

コンクリート構造にはRCやSRCなどがありますが、国土交通省が利用を勧めていることで増加しているのがPC構造です。PC構造もRCやSRCも鉄筋コンクリートの建物という点では同じですが、PC構造はほかの工法とはどう違うのでしょうか? 今回はPC構造の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

1 . PC構造の特徴とは?

PC構造以外の建築物は、現場で型枠を作ってコンクリートを流し込み固める方法を取ります。一方、PC構造で使うパーツは工場で作って現場に搬入し、組み立てます。。製品を工場で作るため製品の品質が安定し、コストパフォーマンスにも優れているのが特徴です。PC構造は高層ビルや商業施設など、大型の建物を建てるのに適しており、大型のマンションはPC構造が主流となっています。

2 . PC構造のメリットは?

PC構造は現場で型枠を作る必要がありません。現場で型枠を作るタイプの工法では、一度使った型枠は再利用できないため廃棄することになります。また、工期が長くなるといったこともデメリットであると言えるでしょう。

PC構造には、工場で作ったパーツを現場で組み立てるので型枠を廃棄するコストが不要であること、天候に左右されずパーツを作れるので工期も短く済みコストダウンにつながるといったメリットがあります

3 . PC構造のデメリットは?

PC構造はパーツを工場で作るため、規格外のパーツを作ることが難しいのがデメリットです。間取りや外観のデザインの上でも融通が利きづらいことから、小さめの建物には向きません。規格が限られているため、増改築にも対応しづらいという点もあります。

また、工場でパーツを作るため、運送費もかかります。

現場でパーツを組み立てるだけのPC構造ですが、きちんと接合できていないと接合部分から雨がしみこみ、内部が腐食してしまう可能性があります。雨水の侵入に関しては、設計段階で接合部を少なくするといった対策が取られたり、高い技術でシーリング処理をしたりする対策が取られたりするものです。

高層マンションや高層ビルなどはPCで作られることが多くなっています。希望の物件がどんな構造で作られているのか知っておくことは大切です。設計度の自由は現場でコンクリート打ちをする工法のほうが高くなりますが、強度やコスト面では上回る構造です。

PC構造 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice