HOME 不動産投資用語集 青色申告

色申告

不動産投資家なら知っておきたい青色申告のメリットとデメリット

青色申告の特徴の一つは、確定申告における複雑な申告方式です。

 

青色申告では賃借対照表や損益計算書の作成なども含め、複式簿記での記帳義務が発生します。ただし、白色申告よりも複雑な帳簿付けが必要である代わりに、控除額などのメリットもあるのです。一定規模以上の不動産投資を行っているのであれば、青色申告を行えば節税できます。

給与所得者が不動産投資によって20万円以上を売り上げた場合、日本国民には確定申告を行う義務があります。また、売上が発生しなかったために年間所得が赤字になれば、確定申告によって納め過ぎた税金が還ってくることもあります。

確定申告には、白色申告と青色申告の二つの方法があります。青色申告のメリットとデメリットを見ていきましょう。

1 . 青色申告は最大65万円の控除が受けられる

青色申告のメリットは、最大で65万円の控除が受けられる点です。白色申告では、所得税や住民税に対する控除がありません。しかし、青色申告では、10万円もしくは65万円もの控除を受けることができます。

65万円の控除を受けるには、事業規模とみなされる一定規模の物件を運営していることが条件です。具体的には物件数が5棟以上、1物件当たり10部屋以上の所有が必要です。それだけの不動産を所有していれば、所得から65万円も控除が受けられるのです。

住民税率は10%ですから、所得が65万円減れば、税額は65,000円も減ります。所得税は所得によって税率が変わりますが、税率が20%の場合、65万円の控除を受けることで13万円もの節税効果が見込めます。

2 . 青色申告は親族への給与や、損失の繰越ができる

2-1 . 青色専従者給与

青色専従者給与とは、事業に従事する親族に与える給与を指し、経費として計上できます。身内に給与を与え、その金額を経費にすれば、最終的に所得額を大幅に減らすことができます。所得税は累進課税ですので、一人に所得が集中してしまうと税率が上がってしまいます。

しかし、配偶者や自分の親、子供などを事業に従事させて給与を出せば、所得を分散させることになり、所得税率を大幅に下げることができます。

つまり、家族全体の所得を変えずに、税額が減るのです。

2-2 . 損失の繰越

不動産投資を行っていると、最終的に年間所得が損失になることがあります。青色申告を行えば、損失は最大3年間、翌年以降に繰り越すことができるのです。

例えば、1年目の所得が100万円の赤字で、2年目と3年目がそれぞれ100万円ずつの黒字だったとします。2年目と3年目に、1年目に発生した損失の100万円を50万円ずつ按分すれば、所得は1年目が0、2年目と3年目はそれぞれ50万円ずつ減ることになり、節税に役立ちます。

2-3 . 少額減価償却の特例

少額減価償却の対象となる30万円未満の物品を購入した場合、その年度の経費に全額を計上できます。所得が多い時に経費が増え、こちらも節税効果が見込めます。

3 . 青色申告は届出が必要で、複式簿記を作成しなければいけない

青色申告のデメリットは、白色申告と比べて手続きや帳簿付けが複雑である所です。まず、青色申告で確定申告を行うには、3月末までに税務署に書類を提出する必要があります。もしくは、『個人事業主の届出を出してから、2ヶ月以内に青色申告での納税を行う』旨の書類を提出しなければいけません。

白色申告と異なり、青色申告で確定申告を行うには、複式簿記で帳簿をつけます。そのため、簿記の知識がない人間は、書類作成の手間がかかってしまいます。

税理士であっても、他の税理士に確定申告書の作成を依頼するケースもありますが、税理士への報酬が発生してしまいます。税理士に払う報酬と節税で享受できるメリットを比較、検討し、得になるのはどちらなのか、じっくりと考えてみましょう。その上で確定申告を税理士に依頼するか否かを決めましょう。

※本文中の税率や制度に関する情報は記事公開時の情報です。

青色申告 に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice