HOME 不動産投資用語集 メゾネット

ゾネット

不動産の投資効率は部屋タイプで決まる!? メゾネットタイプのメリット・デメリット

「メゾネット」とは、1つの部屋が1階と2階(3階があるケースもあります)に分けられているタイプの間取りのことをいいます。集合住宅の間取りのタイプのひとつで、マンションの1部屋の中に階段でつながった上階と下階があるというイメージです。ロフトやテラスハウスと混同されることがありますが、それらとは別物になります。

不動産投資をするのであれば投資する物件の部屋タイプに注目する必要があります。

投資効率を上げるためには、敷地の中で賃料が発生するスペースを最大限大きくすることが有効な手段ですが、居室をメゾネットタイプにすることによって容積対象面積を有効に利用できることもあり、売却や賃貸計画に大きく影響するものです。容積対象面積の説明は改めて説明をしますが、入居者にとってこの部屋タイプにはどのようなメリットがあり、どのような層に人気なのかなどしっかり特徴を押さえておきましょう。

ここではマンション部屋タイプのひとつである「メゾネット」のメリット、デメリットをご紹介します。

1 . メゾネットのメリット

メゾネットに住むことのメリットは、売り出すときや貸し出すときの強みになるものです。しっかり押さえておきましょう。

目的別にスペース利用ができる

メゾネットは1部屋の中に複数のフロアがあります。1階部分にリビングやバス、トイレなどを置き、2階に寝室を作るなど、生活スペースと寝る場所を明確に区切ることができます。また、プライベートな部屋を2階部分に設けることで、来客があったときにそういった部屋を見られる心配がありません。

通風や採光が優れている

メゾネットタイプの部屋は天井が通常のマンションの部屋よりも高いことが多く、開放感があり、通風性に優れています。また、1階部分と2階部分の両方に窓がありますので、採光性にも優れているというメリットがあります。

割安の価格で一戸建てのような気分が味わえる

1階と2階があることで、一戸建てのような生活を送ることができます。子ども部屋を2階部分に設けることで、子どもたちが遊びまわっても下の階の住人への騒音を心配する必要がありません。また、メゾネットタイプは一戸建てよりも販売価格や賃料が安いことが多く、割安で一戸建てに住んでいるような気分を味わえます。

2 . メゾネットのデメリット

メゾネットにはデメリットもあります。しかし工夫次第で解消できるものですので、売り出したり貸し出したりするときの参考にしましょう。

バリアフリーにならない

部屋の中が1階と2階になっているので、バリアフリーの観点では劣っています。階段の上り下りが大変な高齢者などには向かない間取りですので、売り出すとき、貸し出すときはターゲット層を若年層に絞ることをおすすめします。

掃除が大変

空間が広く、また1階と2階とに分かれていることから、掃除が大変というのもデメリットになると考える方がいます。しかし、それは空間が広いということの裏返しです。広さをアピールしましょう。

子どもが階段で転倒する事故が起こる可能性がある

階段があることで、子どもがそこから転倒するリスクが発生します。しかしそれは一戸建て住宅の同じことですし、階段に落下防止柵などを設けるなどで対処できます。買い手借り手がそのことを心配している場合には、そのような対策法についても伝えるといいでしょう。

メゾネットタイプは開放感があり、戸建てと同じような感覚で住め、それでいて価格や家賃が一戸建てよりも安いというのが特徴です。一般的に若いファミリー層などに人気があると言われています。

不動産投資家の方や不動産投資を始めようと考えている方は、部屋タイプの特徴をしっかり把握しておくようにしましょう。

メゾネット に関する記事

一覧へ戻る

ページトップへ移動する
icon-article icon-articleCategory1 icon-articleCategory2 icon-articleCategory3 icon-articleCategory4 icon-articleCategory5 icon-articleCategory6 icon-beginner icon-check icon-glossary icon-kentei icon-popularwords icon-premium icon-realvoice icon-recommend icon-seminar icon-talkroom icon-trend icon-user icon-voice